1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

身近なものでスニーカーのゴムは「黒→白」に出来る

スニーカーって白のゴム部分(ソール)が汚れて黒くなってきちゃいますよね。黒くなった事が寿命で捨てる人も多いようですが、実は身近なものでスッキリ白く出来ちゃんです!

更新日: 2015年01月29日

mint_creamさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1679 お気に入り 424739 view
お気に入り追加

お気に入りのスニーカーなのに、いつの間にか白だったソールが汚れてきちゃいますよね…。

ラバーソールにありがちな、擦れてできた汚れ

アスファルトに当たったり、知らず知らずに汚れちゃうんですよねぇ…。

踏む側は何とも思っていないのでしょうが、スニーカーが好きな者にとっては、真正面から意図的に体当たりされたのと同じくらいムカつく

確かに、これは共感出来ます!

軽い汚れは手早く取ってしまおう♪

どこにでもある「消しゴム」を使うと汚れが取れちゃうんです!

一番簡単で手っ取り早いお手入れはスニーカーのソール部分を消しゴムで擦るだけ

こんな風に強めに擦ると、見事に白くなっていきます!

最近は除菌用スプレーを常備している家庭も多いと思いますが、このスプレーが使えるんです!

アルコールスプレーは洗剤を使っていないため、洗浄した後もすすぐ必要がありません

アルコールは揮発性なので、吹き付ける量を加減すればお手入れ直後にすぐ履いて出かけられちゃいます

歯磨き粉の種類は何でもOK。ササッと磨いてみると…。

歯磨き粉を付けずに水をつけて、簡単に歯ブラシでこすって汚れを落とします

まずは軽く汚れを取りながら濡らします。

歯磨き粉と古歯ブラシでこすると白さが戻ります

靴専用のクリーナーよりも落ちる場合があるそうです。

頑固な汚れなら、表面を削って白くする

100円均一などで手に入る洗剤の要らないスポンジ。コレを使えばカンタンに汚れが落ちちゃうんです。

水で濡らしたメラミンスポンジで何往復かすると、汚れが簡単に落ちる

スポンジに研磨剤がはいっているので、水をつけてゴシゴシすればソールのゴム部分の汚れはばっちり

経年劣化して黄ばんだゴムも真っ白に戻る

表面を少し削っているので、黄ばみも取れてしまいます。

シンクのステンレスなどを綺麗にするために常備しているクレンザーも使ってみましょう!

クレンザーをゴムに降りかけタワシとスポンジの裏に有る焦げたところを落とす面(硬い面)で擦ります

ただあまり強くこすらないでください、傷がつきます。

クレンザーは結構強めなので、徐々に力を入れていくのがコツですね。

時間があるときは、徹底的に取る!

酒屋のものではなく、安価な市販の酢で汚れが取れます。

水を溜めたら、酢をドバドバ~っと入れちゃいます。

水で2~3倍に薄めてものを用いるのが良い

乾いて数時間で、気にならない程度に酢の臭いは飛んでしまうそうです。

黄ばみ汚れはアルカリ性らしく、お酢の酸性成分が黄ばみを中和させて黄ばみを取る

お酢は柔軟剤の代わりにもなる

水や洗濯洗剤で洗った時のようにゴワゴワにならず、柔らかくなるようです。

1





mint_creamさん

生活の役立つことをまとめたいと思ってます。できるかな。。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう