1. まとめトップ

近頃行う人が増えているマンション経営。どのような点がメリットになるのかまとめてみました。

メリット1「老後の生活に有効」
公的年金の危機により、老後の生活設計に抱く不安に対して有効です。
家族に残せて、自分のゆとりの私設年金として、ワンルームマンション経営で歴然としたさが尽きます。早い内から経営を始められると、公的年金に頼らず、安定した生活を実現する手立てとなります。

メリット2「生命保険に代えることもできる」
「ワンルームマンション経営」は、生命保険と考えることもできるのです。
今、市場に出ている様々な保険と比べても遜色がありません。
住宅を購入する際、必ず金融機関から団体信用生命保険へ加入が原則となるため、生命保険の代わりとして家族に資産と安心を残すことができます。

メリット3「効果的な節税になる」
不動産を購入(一時的に借金)をすることで効果的な節税になるのです。
マンション経営をした場合に減価償却費・ローン金利等が認められており、不動産所得を赤字申告することで、払い過ぎた税金を戻すことができます。減価焼却など費用として経費を計上することにより節税効果を生みます
駐車場やファミリーマンションに比べ、ワンルームマンションは多くの節税効果が期待できます。

<私設年金とは?>
私設年金とは、「自分たちでつくる年金」のことです。充実したシニアライフを送るためにも、公的年金だけでなく私設年金をつくる必要があります。
自分たちの老後を自分たちでプランニングするため、ワールドマンホールネットワークが行うようなマンション経営が老後の生活の一助になると考えられます。

近頃行う人が増えているマンション経営。どのような点がメリットになるのかまとめてみました。

1





qwertyuiop0909さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう