1. まとめトップ

DNAは受け継がれる。漫画家・村田雄介、息子の絵も凄かった!

漫画家『村田雄介』。『アイシールド21』や『ワンパンマン』で有名ですよね。画力の高さには定評があります。ロックマンの「ボスキャラ募集」にも応募して採用。昔から絵の才能があったようです。さて最近、村田雄介さんの息子が四日かけてウロコを書き込んだヘビの絵を公開、話題になってます。流石の才能を感じます。

更新日: 2016年05月26日

shimikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
31 お気に入り 263977 view
お気に入り追加

漫画家『村田雄介』。『アイシールド21』や『ワンパンマン』で有名ですよね。

『アイシールド21』は、原作:稲垣理一郎、作画:村田雄介による漫画作品。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載されました。

全333話。

『ワンパンマン』はONEによる漫画作品。

リメイク版の作画を村田雄介が担当しています。

『となりのヤングジャンプ』(集英社)において2012年6月14日から連載中。

村田 雄介(むらた ゆうすけ)は漫画家。

代表作は『アイシールド21』(『週刊少年ジャンプ』)、『ワンパンマン』(『となりのヤングジャンプ』)などです。

日本ではマイナーなアメリカンフットボールを題材に、数多くの読者を作り出した「アイシールド21」ルールを知らなくても読みやすく、村田雄介の高い画力が、個性的なキャラクターを一段と惹き出していた。特に作中「凡人」のレッテルを貼られている雲水や葉柱の言葉や行動には涙がこぼれた。

画力の高さには定評があります。

漫画家 村田雄介さんの画力の高さには定評があります。現在の漫画家の中で最高レベルの画力だという人もいます。

また、『アイシールド21』では全333話を一度も休載せず完走し筆も早いようです。

画力の高さには定評があり、『アイシールド21』では迫力のある安定した作画を維持し続けた。

今や高い画力の漫画家さんといえば?でもよく名前があがる村田雄介先生 アメコミ好きというのもあり渾身のスパイダーマンの絵に圧巻です:) 以前upしたメビウス大先生が今の巨匠方に影響を与えたアンカルという作品の構図を参考にしたかは不明 pic.twitter.com/cBn2T4vccA

「アイシールド21」の村田雄介が描いたジャンプオールスターズその2。圧巻の画力!! pic.twitter.com/KDTUxuThy8

中学生時代、ロックマンの「ボスキャラ募集」に応募。2体採用されたとのこと。昔から絵の才能があったのかも?

『ロックマン4 新たなる野望!!』に登場する「ダストマン」は村田雄介さんが中学生時代に応募して採用されたもの。

『ロックマン5 ブルースの罠!?』の「クリスタルマン」も同様です。

昔から絵の才能があったようです。

中学生時代、アクションゲーム『ロックマン4 新たなる野望!!』および『ロックマン5 ブルースの罠!?』の企画「ボスキャラ募集」に応募し、それぞれダストマン、クリスタルマンとして採用された。また、12歳で『ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?』に応募した際は佳作で入選し、エンディングのスタッフロールに名前がクレジットされている。

『ロックマン4』のダストマンと『ロックマン5』のクリスタルマンは、漫画『アイシールド21』の作画担当・村田雄介氏がデザインした

ロックマン4のダストマンのデザインが村田雄介(当時13歳)やて。怪物かよ。

漫画家・村田雄介。息子が四日かけてウロコを書き込んだヘビの絵を公開、話題になってます。

帰宅したら長男が4日かけてウロコを描き込んだ卵を飲むヘビの絵を見せてくれた。これ描く執念にビビった。まだ尻尾の方描いてます。 pic.twitter.com/B3SLB91wV7

流石の才能を感じます。やっぱりDNAって受け継がれるんですね。

@NEBU_KURO 村田さん親子見てるとDNAの存在を感じることが出来ます

@NEBU_KURO 卵を飲む蛇というセンスと、それを紙を何枚も使って頑張るところが真似できないです!

@NEBU_KURO Crazyですね!!!!「頭おかしい(いい意味で)」というやつです!!!

1





shimikeさん

いろんなことをまとめていきます。



  • 話題の動画をまとめよう