1. まとめトップ

審査の甘いキャッシング

キャッシングでお金を借りたい方の審査のコツや通りやすい属性、職業など、こと細かく解説。また審査の甘いキャッシング情報も網羅

更新日: 2015年09月08日

kinyumanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 24467 view
お気に入り追加

審査の甘いキャッシングとは

審査の甘いキャッシングとは以下の事をいいます

☆融資可決率が良いキャッシング
☆審査が緩いキャッシング(柔軟で通りやすい)
☆審査基準を落としてお金を貸してくれる業者
☆他社借入があっても融資がしやすい
☆過去に事故歴があっても審査が通ることがある業者

クレジットカードのキャッシングは昔も今もお手軽で安心

クレジットカードのキャッシングは大抵が金利が15%~18%です。金利に関してはどこも大差はありません。初回借りれる金額も良くて50万円。属性が低い人や年収が低い人は10万円~30万円位でしょう。でもコンビニのATMとかで使えたりしてお手軽です。クレジットカード会社はほとんどが大手だから安心でもあります。なのでお金に困った場合は得体のしれない中小のキャッシングはなるべく避けてクレジットカードのキャッシングを探す方が良い

中小のキャッシング選びは慎重に!

安易に中小のキャッシングには手を出さない方が良いというのが私の持論です。中小のキャッシング業者は優良な所もあるけれど得体のしれないところもある。半分闇金に近いところもあります。出来るだけ大手や銀行のキャッシングを探す方が良い。最近は大手も銀行系もそれほど審査は難しくない。アルバイトやパートでもOKです

大手と中小のキャッシングはどちらが審査が甘くて借りやすい?

大手のキャッシングと中小のキャッシングはどちらが審査が甘くて借りやすいか?多くの人は中小のキャッシングの方が審査が甘くて借りやすいと思うでしょう。確かに審査基準は中小の方が甘いですが、借りやすいかどうかは別問題です。中小の場合は必要書類や手続きが面倒な場合が多い。場合によっては保証人を求められるのが中小のキャッシングです。大手ではほぼ保証人は不要

クレジットカードのキャッシングより消費者金融の方が利息がお得

クレジットカードのキャッシングを使うよりも、消費者金融系のキャッシングを使う方が利息が安く済みます。意外にクレジットカードのキャッシング枠は利息が高い。15%~18%が当たり前。しかし消費者金融系のキャッシングは10%以下もあります

審査の甘いキャッシング会社も契約者の属性やクレヒスによって異なる

キャッシングの審査の甘さは申し込む人の属性やクレヒス(クレジットの利用履歴)によって相対的に異なります。

例えば・・・公務員にとっては審査の甘いキャッシング会社でも、フリーターにとっては審査が厳しいキャッシング会社もあります。

一方で、公務員にとってもフリーターにとっても審査が甘いキャッシング会社もあります。

フリーターやブラックリストの方は当然ですが後者のキャッシング会社を選ぶ必要があります。

キャッシングの上限金利と下限金利

キャッシング選びで金利を見る場合は「上限金利」を見よう!

上限金利とは、、よくキャッシングのサイトや広告で「5.0%~18.0%」という表示を見かけますよね?

右側の高い方の金利である18.0%が上限金利です。

初めてキャッシングの契約をする場合、大抵は上限金利の18.0%からスタートします。

なので下限金利の安さに目を奪われてはいけません。

上限金利を見よう!

最近ではキャッシングの意味は色々

キャッシングって色々な広い意味で説明されておりますよね?最近ではキャッシングの意味も曖昧になって、『これがキャッシングだ!』・・・とは言い切れない部分があります。例えば「クレジットカードのキャッシング枠」もキャッシングだし、『消費者金融(サラ金)』もキャッシングです。『カードローン』もキャッシングですし、『目的ローン』や『おまとめローン』もキャッシングの一種です

銀行系のキャッシングは審査が厳しいって本当?

キャッシングには銀行系、信販系、消費者金融系など色々な会社や業者があります。一般的に銀行系は審査が厳しいと言われていますが、実際はそれほどでもありません。信販系や消費者金融系と審査基準は大差はありません。最近では銀行系のキャッシングでも「アルバイト、パートでもOK」としている所が増えました。

口コミから審査の甘いキャッシングを探す事

審査の甘いキャッシングの探し方は、やはりインターネットの口コミ情報が役に立ちます。実際にキャッシングに申し込んで審査を受けて借りれた会社や業者が多いところが審査の甘いキャッシングである事が多い。ただネットの情報はガセも多いので鵜呑みにせずに参考程度にする事。あと複数の口コミ情報を比較して見比べる事も大事

審査の甘いキャッシングについて

多様にある融資の審査基準の観点から比較してみると、その基準もまたいろいろあるとことが考えられます。

キャッシングサービスと口々にいっても、金融機関系のものであったり大手の企業であったり、個人のものなどあり多様です。

それを比較した時、当然ながら審査項目が幾分あまい会社、その逆の厳しい会社に分かれてしまいます。

初め、同時期に借り入れる業者は、3社というのがめどと言われています。

キャッシング業者が三社以内で、キャッシングをしている金額が一年間の収入の3分の1より少なければ、銀行系でも審査項目をクリアする可能性は高いといえます。

金融機関はおおかた金利が低く設けられていますので、利用をすることであれば金融機関系がいいでしょう。

お金の借り入れ件数がもしも4件を上回っている際は、金融機関は難しくなるといえます。

なのですが、2006年に新しくできた貸金業規制法や出資法などの法の改正により、利子が下げられ、銀行ではキャッシングの審査がパスしずらい方向にあるようです。

金融機関系でも、もっと審査基準に対して通りづらくなってきていると思います。

また、審査の甘い会社とうわさのキャッシング会社でも、安易に審査を依頼すればよいというわけでもありません。

もしも、事前にその業者において情報を収集せずに申し入れをし、審査に通過しなかった際は、その個人情報は個人信用情報機関に記録されてしまいます。

信用情報機関に保存される時間は三ヶ月から六ヶ月です。

その際、個人信用情報機関の個人記録汚れてしまうということになります。

汚れたからといって即座に借りられないわけでもないですが、その個人記録を閲覧するキャッシング会社の審査基準には、当たり前に、影響があるはずです。

比較的通りやすいといわれる手続きを行う会社でも、個人信用情報機関に情報が登録されるいることによりキャッシングできなくなることもあるかもしれません。

キャッシングの審査に通りやすい人と通り難い人

キャッシングをご利用する場合は、ご利用する会社の審査に申し込んで、その申込みに通過する必要があるのです。

そのような審査において、利用者のどの項目が判断されるでしょう。

お金の貸出しをする会社は審査申込みを受けると、まず弊社の登録情報に申込みした人が既にエントリーされているかっていうことを調べてきます。

次に、信用情報機関等に連絡を取って、申込者の登録記録があるか調査に移ります。

そして、キャッシングサービスを受けようとしている方の年齢や今までの利用履歴といった、個人的な情報の要素などからも調べていくのです。

そこから、借り入れを許可させるかいくらくらいの金額のキャッシングを許すかをジャッジします。

審査基準をクリアすることで、クレジットカードが発行され、お金の貸出しサービス利用することが可能です。

キャッシングサービスを受けるための申し込みには、申込み者の個人情報に関するものをみんな提供するつもりで望みましょう。

自分はもとより家族構成や、勤務先や、住み家の状況等も審査項目に追記しなければなりません。

お金の貸出し会社の審査では、そういった判定する項目のことを属性と言い、その中でも、とりわけ重要とされる属性が存在し、そこに問題が出てしまった場合には、審査基準を受かる見込み大分低くなってしまいます。

重要とされる属性というのは、キャッシングの手続きをする人がいったいどういう人なのかと分かることができて、さらに裏付けがあるものについては重視される傾向があります。

重要視されるチェック項目の中でも、所得レベルが把握できる属性も重要とされます。

月の収入は重要視されると思う人も多いようですが、事実上、これは自己申告ができるもののため、月の収入自体というものは立証が見れない限りはそんなに重要とされるものでないのです。

嘘の情報も可能な審査項目ですから、立証ができるものより重要とされることはないとされています。

また、職業の面では、特に「転職しない」ものであれば、厳しい審査にも関わらずプラスポイントになります。

学校の先生などの公務員がその一つの例で、公務員に次ぐ職業には働き率の高いホワイトカラーと言われているサラリーマンなどとされます。

マイナスとなってしまう職業はその逆で、「離職率が高い職種」となります。

サービス業や、アルバイト、自営業者、芸能人なども、安定した業種とは見られずらく、審査そのもの自体が通りにくくなるはずです。

その他、住宅では、持ち家であるか否かという点は当然注目されるはずですが、それと同時に、住んでる期間も非常に重要視することは贅沢な所を持っている否かよりは、どんな家でも長い間住んでいるほうが審査そのもの自体は有利になります。

長期間住んでいると、信用できるのではないかと判断されるのです。

キャッシング審査と属性(既婚者と独身者、年齢など)

キャッシングを申し受ける際には、お金を借りる業者の審査に申し込んで、各会社の決められている基準に通過する必要があります。

こういった審査の手続きの中でキャッシングの申込み者どういった情報が審査されるのでしょうか。

融資を認めるかのラインの判断基準はどこにあるのか。

キャッシングをする金融会社は、審査の申請者のデータを基に融資の可否の判断を行います。

判断される個々の項目は、属性ということがあります。

自分の情報身内のこと、仕事の情報、住居などを診断するのです。

「属性」は数百項目ある為、重点的に見る事項と重要視されない項目というのが存在するはずです。

ひときわ重点的に見る項目の属性というものには、お金を借りようとしている人の年齢やお金を借りようとしている人の仕事、今、住んでいる場所の年数など、審査依頼した人の所得の基準を調査できるものが存在します。

所得基準が評価でき、なお、確証が得られるものにおいて、ひときわ重要な「属性」と呼ぶことができます。

その重要視されている属性の項目の中で「年齢」については、カード会社は原則、主な利用者年齢を20代から30代を狙っていますが、その中でも入籍していない人の方を重要としています。

実社会では入籍していない人よりも家族を持っている人の方が信頼性があると思いますが、金融会社からすれば、結婚している人よりも使えるお金があると判定するため、結婚していない人の方をキャッシングが受けやすいということがあるはずです。

また、歳は上になればなるほどカードを持つには大変になってしまうはずです。

ローン会社で、ある程度の年齢にも関わらず貯金などが少なくともないのは怪しいはずと判断できるようです。

家のローンを背負っている場合などありうるので、契約を出すかの否かのジャッジには慎重になります。

過去にトラブルある人、ブラックリストの人も借りれる?

時間を掛けず簡略に今、必要としているお金のキャッシングを受けることができますサービスは最近数多くの方が使用しています。

モバイルや時間を選ばずに利用できるATMから、お金の借入れの申し込みを簡単にすることが可能です。

手続きが時間を掛けずできるので、面倒な作業がなく便利といえますよね。

とは言え、昔、融資を受けられるサービスでのトラブルが一度でもある人は、使用不可ということもあります。

収入がある人ではないと、手軽なキャッシングサービスでも融資を受けることができない可能性が高いのです。

では、トラブルをしたことが一度でもある人たちは、キャッシングができないとなってしまうのでしょうか。

実は、トラブルがあった人でもサービスを受けることができる業者があることを知っていますか。

たくさんの融資を受けることができる会社の中には、審査のチェックがもっと簡単な企業があります。

その審査があまい企業であれば、キャッシングサービスをご利用することができる可能性が高いです。

緊急に、キャッシングをしたい、ということならば、数ある会社から容易にできる審査を行ってくれる企業を探してみてはどうでしょう。

幾分審査のあまい業者を用いるには、気がかりと感じるかもしれませんが、その不安を打ち消すためにも、使うキャッシング会社の口コミをインターネットなどでリサーチするようにしましょう。

調査した口コミなどから融資の受け入れを利用している人に聞いたり、受付に足を運び相談することでも、サービスの詳細を知ることができ、信用できるかどうするか判断することができると思います。

しかし、言うまでもなく審査の通過が時間を掛けずにしてくれる企業そのもの自体数十社と存在しないのです。

もめごとを起こした方々からサービスを認めるのは、企業にも通常より危険あるからです。

重要なポイントは、キャッシングサービスで面倒を起こさないようにされていくことだと思います。

無審査で借りれる?闇金の正体

厳しい審査なしでたいした時間も必要とせず借りられるキャッシング会社いうのは、お金を借りられるサービスを利用しようと考えている人にしては注目するべきところだと思います。

現実、審査なしで必要分のお金を貸してくれるキャッシング会社はあるのでしょうか?と思われる方もいるかもしれませんが、現実、全然ないということでもないのです。

厳しい審査なしで必要分のお金を融資してくれるカード会社は、おおよそ下記の5ケースとなると考えられます。

1)仲介のケース。

審査不要と客を集めて、他社の業者に申込みしてもらうことで中間マージンを取っていく形態です。

自分のところでキャッシングをするわけではないので、仲介業者では無審査ということになります。

2)闇金融のケース。

いわゆるヤミ金言われる融資をしてくれる業者は、どんな人にも貸付けをするために正規の消費者金融ではあるはずの審査がない場合が大半です。

その代わりといってもいいように、利子も法外である場合も大半ですし、集金のやり方にも無茶が出てきます。

3)現金化のケース。

商品を購入する際の支払の手段の一つであるクレジットカードに付属しているお買いもの枠を、キャッシュにするという手段です。

クレジットで購入した商品の取引きの型になるので、正規の消費者金融で行われるような審査はないです。

4)個人情報詐欺のケース。

審査なしのキャッシングというフレーズで高額なお金を借りたい人を募って、借入客の個人情報を入手して、ヤミ金融に情報を売り渡す悪質業者があるのです。

実際に、ヤミ金に情報提供する悪質業者からキャッシングをするのではないので、審査なしということになります。

5)情報販売のケース。

厳しい審査なしでお金を借りる情報を教えます、というようなキャッチフレーズで、お金を融資してほしい人に審査なしでお金を借りる方法を数十万円程度で売るというものです。

実際にお金の借入れをすることでないので、審査フリーとなるのです。

通常は、審査不要で融資するようなサービスは大半が闇金融である可能性が高くなります。

審査なしでお金を融資してもらえる組織は確かに存在しますが、その大体がこうした組織だと、ということを覚えておいてください。

お金を借りることには思いがけないリスクが起こることも事実ですので、じっくり考えたうえでキャッシングの申込みを考えるようにしてください。

1 2





消費者金融、キャッシング、カードローン、クレジットカードなど主に融資の審査情報の記事を詳しく書いております。誰にでも分かりやすく! 
http://kobayan.org/

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう