1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

LINEのインフラ化への快進撃が止まらない!!求人、ブログ、決済、ゲーム…

LINE利用者の人数は2014年12月には3442万人に上るほど急成長を遂げており、今では、LINEを使わない日は無いくらい若者にとっては特に生活するうえでの必需品となっている。そんな急成長の止まらないLINEが新たなサービスを公開したのでまとめてみました。

更新日: 2015年02月20日

SaKyOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 3724 view
お気に入り追加

Contents
■アルバイト求人情報サービス「LINEバイト」
■著名人向けブログサービス「LINE BLOG」
■モバイル決済サービス「LINE Pay」
■紙の世界のランゲーム『LINE ペーパーダッシュワールド』
■快進撃を進めるLINEの売り上げは、前年比二倍に!! 
■世界で最もイノベーティブな50社に上位ランクイン

■LINEがアルバイト求人サービスに参入することを発表した。

若年層ユーザーの高いアクティブ率を武器に、LINEがアルバイト求人サービスに参入する。

LINEとインテリジェンスが設立した合弁会社「株式会社AUBE(オーブ)」が2月16日、アルバイト求人情報サービス「LINEバイト」を公開した。

「LINEバイト」は、LINEアプリ上で利用可能なアルバイト求人情報サービス。ユーザー(求職者)は、外部アプリの追加インストール不要で、LINEアプリ上でアルバイト求人情報を閲覧でき、気軽にアルバイト探しを行うことができる。

「LINEバイト」内での検索履歴に応じて、おすすめの求人情報をLINEからプッシュ形式で受信できたり、求人情報をLINEの友だちと共有できたり等、LINEならではの機能も提供しています。

めっちゃ便利になりそう。 / 「LINEバイト」は集客力でスマホアルバイト市場の勢力図を変える npx.me/JKi4/IJGr #NewsPicks

#bookmark 「LINEバイト」は集客力でスマホアルバイト市場の勢力図を変える - TechCrunch ift.tt/1vOAIYV これはいいかもなぁ。健全なアルバイト市場の形成のためにLINEが介入することに期待。

■求人サービス「an」と連携し、若年層の利用を見込む。

LINE執行役員の舛田淳氏は「若年層にとってアルバイト探しはライフイベント。ユーザーに寄り添うサービスを提供できる」と語る。

今まで以上に、バイト探しが手軽で身近になる♪

anの調査によれば、アルバイト応募者のうち70%がスマホ経由。国内5800万人のユーザー基盤を持ち、特に10~20代の若年層ユーザーのアクティブ率が90%を超える(an調べ)集客力を生かすことで、アルバイト求人市場で先行するリクルートを追撃する構えだ。

求人情報は10万件以上と豊富。なんと、インテリジェンスが運営するアルバイト求人情報サービス『an』との連携するため、『an』の求人情報がすべて掲載される.

■著名人向けブログサービス「LINE BLOG」

LINEは2月12日、著名人向けブログサービス「LINE BLOG」において、公募への申込者を含む63組のブログが新たに開設されたことを発表した

「LINE BLOG」は、アーティスト・タレントなど著名人を対象に、外部への情報発信やファンとのコミュニケーションツールとして提供するブログサービス。

LINEは2月12日、今回新たにブログが開設されたのは、ジャーナリストの田原総一朗、モデルの山本美月、漫画家の安野モヨコ、弁護士ドットコム代表取締役社長の元榮太一郎氏など、公募への申込者含む63組。

■モバイル決済サービス「LINE Pay」

INEの決済サービス「LINE Pay」が12月16日、スタートした。

「LINE Pay」は、キャリアやOSを問わず、iPhone、Android版のLINEアプリを通じて友だちへの個人間送金や割り勘ができるほか、提携サイトでの決済が可能。

利用するにはまず、LINE上でLINE Pay専用のアカウントを登録する。その後、銀行口座振替やコンビニ店頭、Pay-easy経由で最大10万円まで事前チャージ(手数料無料)したり、クレジットカード登録することで、送金や決済が利用できる。

■先日、不正利用による損害補償制度を導入した。

LINEは2月5日、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」で、不正利用による損害を補償する制度を全ユーザーに導入したと発表した。

新たに開始した補償制度では、2月1日の適用以降、LINE Payユーザーが第三者による不正利用によって損害を被った場合に、LINEが損害額を補償する。

補償範囲は、LINE Pay上で行われたすべての金銭移動(送金・決済・出金)が対象となる。

本人確認を行っていないユーザーの補償限度額はチャージ限度額の10万円、本人確認を行っていて損害額が10万円を超える場合は、ユーザーの利用状況や警察当局による捜査結果などを踏まえて個別に限度額の引き上げを検討する。

■紙の世界のランゲーム『LINE ペーパーダッシュワールド』

LINEは本日(2015年2月5日)より、ステージクリア型ランアクションゲーム『LINE ペーパーダッシュワールド』の事前登録受付を公式サイトにて開始した。

『LINE ペーパーダッシュワールド』は、3Dで紙の世界観を表現した、今までにない新しいタイプのステージクリア型ランアクションゲームです。

“ジャンプ”と“アタック(攻撃)”ボタンをタップするだけの簡単操作で、障害物をよけたり、敵を攻撃したりしながら走り抜け、かわいらしい3Dの紙の世界が楽しめる作品だ。

1 2





SaKyOさん

 いろんなジャンルに挑戦中!!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう