1. まとめトップ
9 お気に入り 168073 view
お気に入り追加

個人的な意見ですが元慰安婦の方にはいかなる時代であったにせよ心苦しく思います。

これは早く韓国政府が真実を元慰安婦の方や韓国民に伝え韓国政府が謝罪と賠償をするべき事でありそれを願います。

慰安婦問題めぐり日韓合意 (2015年12月28日)

慰安婦問題めぐり日韓合意 「最終的かつ不可逆的解決」
(2015年12月28日)

日韓両政府は28日、ソウルで外相会談を開き、慰安婦問題を決着させることで合意した。日本政府が軍の関与や政府の責任を認め、元慰安婦支援で韓国政府が新たに設立する財団に日本から10億円を拠出すると表明。日韓双方が、この枠組みを「最終的かつ不可逆的解決」とすることを確認した。

【谷山雄二朗】英語で慰安婦の嘘を世界に発信する!!(日本語字幕あり)

オーストラリアで生まれ育った日本人で慶応大卒、東京都知事選に何度か出ている。

世界中で慰安婦像の設置の否決決定が相次ぐ!!

カナダに続きオーストラリア、米国カリフォルニア州フラントン市で慰安婦像の設置に否決決定が相次ぎでいる。

これは日本のインターネット上での反対電子署名運動などが大きな影響を与えたと思われます。
反対電子署名について詳しくは最後の方に署名リンクがあります。

遂に韓国政府も「慰安婦強制連行」の事実を否定!!!!

「慰安婦が強制連行された証拠はない」韓国政府の発言!

韓国の新しい歴史教科書から「慰安婦強制動員」を削除し「自分の意思に反し、慰安所に動員された女性たち」と表現を変更した。

2015年4月14日、韓国・マネートゥデイによると、韓国政府が「慰安婦が強制連行された証拠はない」と発言し、韓国で批判が相次いでいる。

これについて、女性家族部の関係者は「慰安婦問題で重要なのは、慰安所の中で『性的暴力』という悲惨な行為があったということ」と説明。また、「『強制動員された』という証拠はないので、その表現を直接的に入れることは難しい」と述べた。

韓国ネットから怒りの声「誰のための政府?」「こんなんで日本に勝てるわけがない」

慰安婦問題はただの「物語」

「月収300円」などと新聞などで高額の仕事としてさらには「慰安婦募集」と騙しなどではなくはっきりと書いて募集を行っていた。

※当時の日本で言う東大クラスの大学であるソウル大学の卒業者の給料が月70円ほどで慰安婦募集の300円がどれだけ高給職かが分かる。

アメリカでも取り上げられない真実!!

「慰安婦のストーリーが崩れ落ちていく」

米ジャーナリストマイケル・ヨン氏が慰安婦問題の真実を告発!!

米政府が約(7年)と3000万ドル(約35億6200万円)もの費用をかけて、2007年4月にまとめた(IWG)報告書によると未公開や秘密の公式文書で計850万ページ。この中に、日本の慰安婦にかかわる戦争犯罪や、韓国側が強弁する「女性の組織的な奴隷化」を裏づける文書は、何と1点も発見されなかったとの結論。

ケント・ギルバート氏「韓国が主張してる慰安婦強制連行20万人は絶対にありえない! 

日本はもっと積極的に世界に対して自らの主張を訴えるべき! そして憲法を時代や環境に合わせて手直しすることは世界では当たり前に行なわれてるって知って欲しい!」

慰安婦の8割が日本人で2割が朝鮮人だった!!

ナヌムの家に住む従軍慰安婦の証言

李容珠(イ・ヨンス)

ナヌムの家に住む従軍慰安婦 「李容珠(イ・ヨンス)さん」の証言
http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/31823357.html

1.1993「写真記録 やぶられた沈黙」では、1944年夏、友達が家に誘いに来てついて行くと、軍服みたいな服を着た男がおり、ワンピースと赤い靴をもらって感激してついて行く。

2.1993・10「証言 強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち」では、一九四四年、私が満十六歳の秋のことです。川のほとりで見かけた日本人の男の人が立っていました。国民服に戦闘帽をかぶっていました。赤いワンピースと革靴の入った包みをもらって、幼心にどんなにうれしかったかわかりません。もう他のことは考えもしないで即座についていくことにしました。

3.英文中国日報(1998・.8・23)では、1944年のある夜、韓国の故郷から日本軍により誘拐され、日本軍の性奴隷として足かけ3年間従事慰安所に送られた時はわずか数え年16歳であった。

4.元「慰安婦」へ補償を~日本共産党との会合 (2002・6・26)では、14歳で銃剣をつき付けられて連れてこられたこと、拒むと殴られ、電気による拷問を受けて死にかけたことなどを話し

5.「消せない記憶」~京都での市民集会李容珠 (2004・12・4)では、1944年、16歳の時に「軍服みたいな服を着た男」に連行され、台湾へ。日本軍「慰安婦」としての生活を3年間強制された。

6.京都新聞(2004・12・5)では、16歳でわけが分からないまま連行され、1944年ごろ、旧日本軍に拉致され、台湾で約3年間従軍慰安婦として

7.証言集会~同志社大学(2005・4・21)では、女性が片手で私の肩を抱いて、もうひとつの手で口を塞いで私を連れて行きました。その時、私は韓国の年齢で16歳でした。

8.朝日新聞(2005・8・11)では、韓国の大邱から15歳ごろ連行された。

9.埼玉上田知事発言に元慰安婦が抗議(JanJan 2006・10・13)では、15歳で韓国・大邱の家から軍人に拉致され、台湾まで連れ去られ、敗戦で解放されるまでの3年間の経過を証言した。

10.中央日報「米議会で初の‘慰安婦聴聞会’韓国・オランダ人女性3人が証言」(2007・2・16)では、1944年の16歳の時に台湾に慰安婦として連行され

11.イヨンスさいたま公聴会(2007・2・23)では、15歳の時、家で寝ているとき小窓をたたく音に目を覚まし

12.JANJAN「米公聴会でも証言した李容洙さんが、埼玉で再び「証言・告発」(2007・2・26)では、15歳のとき、小銃で脅され、大連から、台湾に連行され新竹海軍慰安所で特攻隊員の慰安婦とされた。

上記は「李容洙」の証言の一部ですが「共通」しているのは「1944年」だけで、慰安婦になった「状況」も違えば「年齢」も14歳から16歳と違っており、3年間も慰安婦をしたのであれば「大東亜戦争終結後も慰安婦を続けた」事となるのです。

1944年、16歳の時に強制連行され台湾へ。旧日本軍の従軍慰安婦としての生活を3年間強制された、と証言(1947年まで)

(※敗戦により日本軍がいなくなった後も、現地で2年間ほど働いていたことになる)

このことを指摘され、慰安婦の期間を「3年間→1年間」に修正。(年齢も16歳から15歳に訂正)

(下の写真)2007年さいたま浦和の公演の配布資料

【李容珠】サンフランシスコ市の慰安婦像の設置が可決!!

「恥を知れ!恥を知れ!恥を知れ!」 日本人を罵倒したサンフランシスコ市議の仰天発言

上記にある李容珠の過去の発言の食い違いについて指摘を日系市民が意見陳述で指摘すると意見陳述を強制的に中止させデ(ヴィッド・カンポス議員)が、元慰安婦を慰め、擁護しながら、反対意見を述べた日本人たちに向かって「恥を知れ!恥を知れ!恥を知れ!」 日本人を罵倒、場内から拍手喝采を浴びた。

↑↑こんな事を許して良いのだろうか??

1 2 3 4





Twitter→@iPhone_User_Now

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう