1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

実は結構ヤバイ、猫ひろしの「マラソン力」。彼が見据えるのは16年のリオ五輪

カンボジア国籍を取り、ロンドン五輪の代表を目指したことで有名な猫ひろしさん。先日行われた東京マラソンでは、自己ベストを3年ぶりに更新。中高は卓球部、30歳でマラソンを始めた全くの素人が、なぜここまで成長できるのか?そんな猫ひろしさんが目指すのは、16年のリオ五輪。

更新日: 2015年02月26日

Yu-peiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 199788 view
お気に入り追加

★先日の東京マラソンで自己ベストを更新した、お笑い芸人の猫ひろしさん

約3万6000人が東京都心を駆け抜けた、2月22日の東京マラソン。「イスラム国」の日本人殺害事件を受け、かつてない厳戒態勢で行われた。

男子は15年世界選手権代表選考を兼ねて行われ、日本勢では元祖山の神”今井正人が、日本歴代6位となる好タイムで日本人トップの7位に入った。

東京マラソンでは、芸能人の参加者や一般の方の参加も多数ある。中には、個性的なコスチュームで参加する人も。

そんな中、お笑い芸人の猫ひろしも東京マラソンに参加し、自己ベストを2分34秒を上回る2時間27分52秒でゴールしたことが話題に。

猫ひろし、自己新で「仕事沢山いただいてる」 「ありがたき幸せ」と感謝 dlvr.it/8kNzy9

37歳にして自己新。すげーよ。それも、猫ひろしのタイムはもはやプロのlevelに達してるよね。

★猫ひろしと言えば、カンボジア国籍になり、ロンドン五輪を目指したことで有名に

猫ひろしさんは、ロンドンオリンピック出場のためにカンボジア国籍を取得した人。カンボジア国籍を取るのは難しいが、カンボジア側から後押しがあっての実現。

カンボジアで行われたアンコールワット国際ハーフマラソンで猫ひろしが3位入賞し、カンボジア側からオリンピックに出ませんかとバックアップがあった。

しかし、国籍を変えてまで出場するのはカンボジアの選手に失礼と、日本では批判の対象になっている。カンボジア側の要請であることを知る人も少ない

★一度は内定していた五輪代表が、突如取り消しに

ロンドン五輪内定時には、五輪銀メダリストの有森裕子さんらが「貧弱な練習環境の中で選手たちは力をつけてきている。現地の選手に出てほしい」と訴えていた

2012年3月に代表内定を頂いたものの、各方面からのバッシング。さらに、4月には国際陸上競技連盟が出場に難色を示した。

最終的には、国際陸上競技連盟が参加資格を認めないことを、カンボジア陸連に伝え、猫ひろしさんの五輪代表は幻に終わった。

国際陸連では、国籍変更後の1年未満の選手はその国に1年間続けて居住することを五輪の参加条件にしているが、猫ひろしさんはこれを満たしていなかった。

★それでも、猫ひろしさんの『マラソン力』は結構ヤバイ

ロンドン五輪の代表が幻に終わっても、猫ひろしさんは、執念でマラソンのトレーニングを継続。2013年には東南アジア大会4位の結果も。

さらに驚きなのが、猫ひろしさんは、中高卓球部で陸上経験がなく、マラソンを始めたのが30歳のテレビの企画から。

その後、32歳の2010年の東京マラソンでは3時間台を切るなど、2008年の初マラソンから1時間も自己ベストを更新した。

2012年2月、34歳での別府大分マラソンで出したのが、2時間30分26秒がこれまでの自己ベスト。これは、ロス五輪で期待の星だった増田明美のベスト記録を上回る。

マラソンを初めて4年の記録更新はすごいの一言

記録自体は、オリンピックの男子マラソンの参加標準B記録が2時間18分00秒には及ばないものの、陸上経験もない30歳の一般人が、マラソン初めて3~4年でこれほどの記録を出すのは半端ないことらしい。

★猫ひろしさんの見据える先には、リオ五輪が

1 2





Yu-peiさん

私が感じた日常の「ギモン」や「興味のあること」をまとめていきたいと思っております。野球、卓球、将棋、いちご100%が好きです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう