1. まとめトップ

激安ロードバイク[ドッペルギャンガー]ついに大事故[DOPPELGANGER®]

通販で激安で評判なロードバイクや折りたたみ自転車(ミニベロ)、クロスバイクを製造している自転車メーカー[ドッペルギャンガー]。かっこいい改造でもおなじみですが、こんなに安くて心配になる!?と評価の分かれるお値段で販売されていましたが、ついに大事故に[DOPPELGANGER®]の欠陥。取り扱い店は?

更新日: 2015年05月22日

9 お気に入り 216378 view
お気に入り追加

ビーズ株式会社 の自転車ブランドDOPPELGANGER®

「業界を揺るがす衝撃を与える製品を作りたい。」
今回掲げたスローガンには、そんな私たちの思いが込められています。

「個性的で、一貫性のある」デザインこそが” パラレルツインフレーム™ ” であり、わたしたちDOPPELGANGERを象徴するものなのです。

クロスバイクや

かわいいおりたたみ自転車も

通常スポーツバイクは専門の整備員がいる店鋪で販売される

その他ブレーキやシフター、ペダルなどの整備も完璧な状態で納車してもらえるのもネット購入では受けられないサービスです。

ドッペルギャンガーはネット通販を主体に販売している

組み立てはハンドルの取り付けなんかもあるのでちょっと時間と場所必要です。
難しいって程ではありませんが面倒でした。

ほとんど組み立てられた状態で届き、簡単な取り付けを購入者が行う

フレーム(中国製)や各種パーツ(シマノの変速機等)を組み合わせて国内の倉庫から出荷しています。
それで国内の販売はほぼネット通販に特化しています

安い、かっこいい

ロードバイクの定義は諸処あるところですが、見た目がかっこいい(スポーティ)で安い。
2万円ぐらいから販売されている(一般的なロードバイクは10万円前後〜)

改造する方も

そして最悪の事故が。。

男性は、事故の約7カ月前にインターネット通販で約2万2000円で購入。自宅近くを走っていたところ、前輪と後輪をつなぐアルミ合金製のフレームが突然折れて転んだ。
顔を地面に強打し、8本の歯が折れたり、欠けたりした。

国民生活センターは製品の欠陥の可能性を指摘した。
センターの報告書によると、フレームには製造時から亀裂が生じていた可能性があり、走行時の負荷で破損につながったと考えられるという。同型品の試験でも破損し、「製品共通の問題である可能性がある」と結論

過去にはこんな事件も、、

これら一切は、当社社員を詐称する誹謗中傷であり、当社社員あるいは元社員の書き込みではありません。本件について、すでに悪意のある第三者による誹謗中傷として警察ならびに弁護士に相談しております。また、この記事を元にした事実や根拠のない情報発信についても、投稿者等に対する法的措置を検討しております。

以前から安全性を私的する声も、、

今回の件について同社の姿勢は

1 2





hageshikumatomailさん

京都大好き、ロードバイク、音楽も好きかも!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう