1. まとめトップ
  2. ガールズ

「本当は彼女が欲しい…」仕事男子を惚れさせる方法

仕事で忙しい男性を好きになった時のアプローチについて調べてみました。

更新日: 2015年04月06日

hiepitaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
722 お気に入り 249009 view
お気に入り追加

彼女欲しいけど、仕事1番男子

恋愛欲求が低くなる本当の理由

仕事に没頭している男、仕事が大変だという男は恋愛に比重を置かないし、のめり込まない。

泊りや残業は毎度のことで、休日もままならず……上下関係が厳しく、上司や先輩との付き合いも重視、といった感じ。

彼女がいらないというよりは、彼女の存在によって仕事に制約を受けるくらいなら彼女なんかいらないという意味。

本当は彼女が欲しいのに「いらない」と言っている場合は、基本的には強がり

それは「恋愛=めんどくさい」の言葉の裏に隠れている

恋愛をしたがらない男は、「恋愛=めんどくさい」というイメージをもっています。

意外と今まで深く女性と関わったことも少なく、適度にかわしてきた可能性が高い。深く関わることを拒み、それを怖がっている場合もある。

恋愛する自分に自己嫌悪してしまう症状。

「恋愛なんかしていたから、仕事がうまくいかなくなったんだ」「デートやメールなんかしていたから、やるべきことができなかったんだ」、そこから「仕事に集中したいから、今は恋愛を控えよう」というふうに発展

恋愛して感情を大きく揺さぶられることへの恐れ

そんなシゴト男子と付き合うには?

忙しい彼を選んでいる以上は、待つ姿勢と仕事を頑張っている事への労いが必要

よく女性がカッとなって投げかける「私のことなんかどうでもいいんでしょ!?」って言葉、あれ、その通りなんですよ。正確には「仕事以外のことは全部、どうでもいい」という状態

相手のことをゆっくり知っていきましょう。

「連絡待ってる」ではなく「連絡するね」がベター。

「明日ちょっとお茶でもしない?」などと誘ってみて、もしダメだったら「OK、またね」とすんなり引く。

もし彼に時間ができたら真っ先に会いに行きたくなるような、ごほうびのような存在であればいい

1 2





まとめについて勉強中です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう