1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

神様に呼ばれた人だけ行ける!?超パワースポット玉置神社

強力なパワースポットとされる世界遺産の一角にある奈良県の玉置神社。その究極のパワースポットへは、古くから「神様に呼ばれなければ」たどり着けないとも言われるそう。

更新日: 2015年03月04日

ぱれるもさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4303 お気に入り 464050 view
お気に入り追加

玉置神社を含む「大峯奥駈道」はユネスコの世界遺産に登録された古来からの聖地。

玉置神社公式ホームページ
http://www.tamakijinja.or.jp/

標高1,000mを超える玉置山に鎮座する玉置神社は、熊野三山の奥の院といわれ、役の行者も空海も修行に立ち寄った聖地

たとえここに訪問を計画していても、縁が無い人は突然の仕事が入ったり、急病やアクシデントなどで断念せざるをえなくなる

よって、古くから「神様に呼ばれなければ」たどり着けないとも言われる

まさに究極のパワースポットと呼ばれる神社。

ここは、2000年以上続く由緒ある神社

玉置神社へ、いつもここに来れば心が落ち着きます!お願い事を一つ、、、 pic.twitter.com/q3B1Ihc55D

神社には、主祭神の家都美御子大神(スサノオと同じ神)をはじめ、六柱の神が祀られている

山頂近くには海底火山の噴火で出来る枕状溶岩があるなど日本列島の形成に重要な場所だったよう

玉置神社の参道の途中には、深い海の底から噴き出したマグマが固まった岩がある。

山を巡っていた行者が、この見つけた気のある場所を神聖な場所として祀り、その後、神社が建てられたとのこと

神社の女官に「何故この場所だったんですか?」と質問したら笑ってましたが、「昔の人が力を感じた場所だったそうです。」と答えた

神様が降り立つパワースポット「末社・玉石杜(たまいしのもり)」

玉置神社末社・玉石社。ご祭神は大巳貴命。3本の大木に囲まれて白い石が敷きつめられ神体の丸い石が埋まっている。奥駆道を通る山伏たちは玉置神社本殿よりも先に玉石社にお参りするとのこと。 #奈良 twitpic.com/e57wra

神武天皇御東征のときこの地で兵を休め「十種神宝」の「玉」を鎮め(置き)武運を祈願された

社殿奥の山には、この玉置神社という名前の由来となった「玉石」と呼ばれる丸い石が置かれている

真ん中の黒い「玉石」は、国常立神様(くにたちとこのかみ)が降りて来ると言う石

国常立神様は、国土生成のときあらゆる神に先立って現れた第一神で、中心的神とされる。

国常立神様が祀られている神社は、玉置神社と岐阜の位山、木曽の御嶽山、伊勢外宮など極めて重要なところにしかない

国常立大神は、厳しい神様といわれ、訪れるものの気持ちを試すといわれる。

玉置神社が乱れると(人為的、例えば神事を疎かにするなど神社関係者が神様に対する崇敬の念が薄れる)と地元や周辺に災いが及ぶといわれます。現在も玉置神社のお膝元で語られています。 #玉置山 #kumano

神社の境内に入ると、3000年の樹齢を超える巨大杉がある。

境内には、「夫婦杉」「神代杉」などと名づけられた杉の巨木が林立していて、ここは濃密な自然の気に包まれる

修験道と深いつながりのあるため、妖魔退散のご利益がある

この玉置神社の符 「熊野成る 玉置の宮の 弓神楽 弦音すれば 悪魔退く 」っていう暗号らしい初めて知った pic.twitter.com/kdzlQorQHo

玉置神社は、崇神天皇のとき、火防鎮護と悪魔退撤のために創建された

「大和なる玉置の宮の弓神楽 弦音すれば悪魔退散」このように詠まれており、「妖魔退散」の神力があるようで、古くは皇室の妖魔払いもやっていたよう

「妖魔退散」という害・穢れを祓う祈祷をいつ行っても行ってくれるのは、玉置神社が唯一かもしれない

一般人が訪れることのできる究極の聖域は、この玉置神社が限界でしょう

1





ぱれるもさん

好奇心旺盛ってよく言われます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう