1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

日本人は休みすぎ!? 海外の有給事情がかなりオカシイ

最近、有給消化義務化の件でちょっとザワザワしていますね。日本はこんなだけど、海外ってどうなってるの?と気になったので海外の有給事情をサラッとですがまとめてみました。

更新日: 2015年03月19日

Soderlundhさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
338 お気に入り 527720 view
お気に入り追加

2016年から、日本では「有給消化」が義務化する

政府は 2020年までに有休取得率を 70%まで引き上げる目標を掲げているという

今回の改正で、企業には、管理職を含む全正社員に少なくとも年5日分の有給を取らせることが義務付けられる

有給休暇 年間5日取得 を義務化...!きゃーやったー(*゚▽゚*)

今までは自由な時期に有給休暇を取得できたのに、今後、5日間については、原則として企業の指定時期に限定されるという意味で、不利益になる可能性もある

「なぜ休みを義務付ける!!休みが取れる体制づくりが必要なだけ。中小企業なんて代わりの人を雇う余裕が無いのですから」

け、けど…諸外国からは「日本人は休みすぎ」という声も?

Photo by Digital Vision. / Photodisc

えっ…何故…

日本人の有給消化率は50%で世界で11位。1位のブラジルやフランスが30日に対して10日程度となる

明らかに日本って消化してない…

最下位でないだけ…マシ?
(といっても韓国とそう大差ない)

祝日を合わせた日数では27日で6位。フランスとの差が12日程度に収まる。

日本人「俺ら働きすぎワロタ」 外国人「確かにそうだけど国民の祝日って形の休みも多いじゃんか」 日本人「祝日がある分平日1日当たりの働く量増えてる」 外国人「」

ここで海外の有給事情を見てみましょう

ドイツとフランスでは有給の連続付与が法律で定められており、ドイツは20日、フランスは最高24日

フランスでは総じて6週間の有給休暇があり、夏のバカンスシーズンには4週間ほどまとめて休んで出かけるのが一般的

【25日目】同室はスイス人の2人組。社会人で3ヶ月の休みを取って旅行しているのだそう。そのうち一ヶ月分は有給なんだって。昨日のドイツのお姉さんも一ヶ月休んでサマースクールに参加中だと言ってた。いいなぁ。ニューヨークの街は思ったほど怖くはない。西海岸と違いおしゃれしてる人多い。

社会人で3ヶ月の休みを取って旅行…すごいな(・・;)

また、ドイツの場合、病欠は有給休暇日数から差し引かれない。隣国フランスやスイスなども同様である

理由は「病気になるのは従業員のせいではないため」ということだ

病欠後、今日から休暇。ドイツなので病欠のあとのプライベートなお休みが許されてしまう社会。長い週末でエネルギーを貯めて、来週は頑張ろう…というところです。で、今回は列車での移動。 pic.twitter.com/MWpA3geahG

マジか…

例えばドイツでは有給休暇が多く、そのうえ、病欠も多い。雇用者が、病欠の人が本当に病気なのか疑心暗鬼になったり、そうでなくても緊張している労使関係が、さらに張りつめたりするのだ

ドイツは「病欠」が社会的にもーのすごく認められる国。ありがたいことではあるのですが、とにかく病欠が多すぎる我がパート。15人のうち、4人病欠の状態で多忙な年末年始を乗り切り、今日やっと一人復活したと思ったら、同時に3人新しく病欠、6人欠員中。さすがに残された健康な者たちはツラい。

一方、アメリカでは日本を見習え?

タイム誌では、「なぜ、アメリカが日本の労働者に休暇を義務付けるという先導に続くべきか」というタイトルで記事を2月に掲載

米国人の仕事中毒ぶりは有名。米国は先進国の中でもとりわけ労働時間が長く、休暇が少ない

1 2





Soderlundhさん

日頃のためになる事や、癒されるものをまとめたいな、と思っています。



  • 話題の動画をまとめよう