蛍光やリン光と呼ばれる現象がある。これは物質に外部から紫外線やX線を当てたときに、特定の波長の光を出す現象である。物質に紫外線やX線が照射されると、その物質の原子がそのエネルギーを吸収することによって電子が基底状態から励起状態に遷移し、その後安定を保てなくなった電子が、吸収したエネルギーを光として放出して再び基底状態に戻るのである。

出典【第1回】蛍光顕微鏡の特徴と蛍光の原理 | 特集:蛍光顕微鏡を学ぶ〜改訂 顕微鏡の使い方ノート(羊土社刊)より抜粋〜 | 顕微鏡を学ぶ | バイオイメージング オリンパス

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【まちかど情報室】完璧にお掃除・・見えにくい汚れを発見するライト【ホテルインスペクター】

NHKまちかど情報室で紹介された、見えにくい汚れを発見するライト(ホテルインスペクター)の詳細情報です。

このまとめを見る