1. まとめトップ
  2. カラダ

原因はスマホ!?間違った使い方によって引き起こされる4つの美容トラブル

気をつけているはずなのに何故か気になるほうれい線や目元のしわ。いくら頑張ってみてもいっこうに良くならない。もしかするとスマホの使い方に原因があったのかもしれません。美しさを保つことが出来るようにスマホを使用する際に気をつけなければならないことをまとめました。

更新日: 2015年06月03日

かげとりさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
488 お気に入り 274132 view
お気に入り追加

■すでに生活の一部となっているスマートフォン

電車やバスの待合室の中にいて、周りを見渡すと……全員がスマホをいじっている、なんて光景、よく見かけませんか?

インターネット検索したり、ゲームをしたり暇つぶしにはとても便利。

各サービスの充実から、”スマホを手放すなんてあり得ない”という方が、ほとんどなのではないでしょうか。

スマホがすでに生活の一部となっている方も多いと思います。

しかし、使い方によってはあなたの美容に害を及ぼしているかもしれません。

下を向いてスマホ使ってるな……と気がついたときに、そのスマホで自分の写真を撮ってみましょう。おそろしいものが写ってるかも!?

下を向いてスマホを操作することで何が起こっているのでしょうか?

暇あればスマホを取り出して、SNSを見たり、メールチェックしたり……こんな女の子は要注意!

長時間下を向いている状態は、シワやたるみの原因になるって知ってましたか?

■スマホの使い方が原因で引き起こされる4つの美容トラブル

1. 終始うつむくことで出来やすくなる"ほうれい線"

ほうれい線は悲しいくらいに見た目年齢を増加させます。

原因はわからないけど最近ほうれい線が深くなってきたと感じる方がいれば、それはスマホによって引き起こされたのかも知れません。

もともと表情によって、ほうれい線が目立つ人もいますが、最近気になりだしたという場合はたるみによるシワが原因

ちゃんとお手入れしているのに、ほうれい線が深くなってきたと感じた人、顎がぼやけてきたと感じた人、スマホ触り過ぎてませんか?そのシワやたるみはスマホが原因かも知れません。

顔を下に向けて携帯電話やスマートフォンを操作することで、アゴの部分に重力がかかり、口の周りが下に引っ張られます。

下向きの姿勢を長時間取ると、顔の皮膚が引っ張られて下がってしまい、顔がたるんでしまうのです。

2. ドライアイによって引き起こされる目元のトラブル

現代病のひとつでもある”ドライアイ”
ドライアイが原因でしわが出来ることもあるそうです。

また、瞬き回数の減少により筋肉が衰え、たるみの原因にもなります。

ドライアイは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れることによって涙が均等に行きわたらなくなり、目の表面に傷が生じる病気です。

画面を見つめているときは、まばたきの回数が減るため、涙の分泌量が減るだけでなく、眼球表面から蒸発する涙の量も多く、目が乾燥してしまいます。

ドライアイになると目が乾燥してくるので、知らない間に目を擦っている回数が増えてくるそうです。

目を擦ると摩擦で目の周りの皮膚などに傷をつけてしまい、そこにしみができたり擦ることでしわになったりしてしまうんだそうです。

3. スマホを操作しているときの眉間のしわにも要注意

スマホをいじっているとき、ついつい眉間にしわが寄っていませんか?

眉間にしわが出来ていると可愛いメイクも台無し。
周りに怖い印象をもたれると同時に見た目年齢も上がってしまいます。

ものを見るときに見えづらいと目を細めたり、悩み事で目をしかめたり、つい眉間にシワが寄ってしまいがちです。

眉間にしわを寄せる癖を直さず、ケアも怠っていると、眉間のしわは深くなるばかり。

1 2





どうでもいいことからちょっぴりためになるような事をまとめていきたいと思います。
よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう