1. まとめトップ
  2. 雑学

知ってればお魚博士!? 変な名前の魚たち

名前が特徴的なお魚さんたちのまとめ

更新日: 2015年03月21日

114 お気に入り 72320 view
お気に入り追加

リュウグウノツカイ

学名:Regalecus glesne
アカマンボウ目リュウグウノツカイ科

通常は全身をほとんど直立させた状態で静止しており、移動するときには体を斜めに傾け、長い背鰭を波打たせるようにして泳ぐと考えられている。

オジサン

学名:Parupeneus multifasciatus
スズキ目ヒメジ科

オジサンという名前の由来は、顔の前面に髭があり(隠すことがある)、正面から見るとまるで人間のおじさんの様である事から付けられた名前である。

水深140mまでの岩礁域やサンゴ礁域の砂底・砂礫底・藻場に生息し、浅所に多い

オジサンは食用として利用され、煮付けやから揚げなどにされる。

ウッカリカサゴ

出典zukan.com

学名:Sebastiscus tertius
カサゴ目フサカサゴ科

なぜ「うっかり」かというと、安倍宗明(著明な魚類学者)が和名を整理、名づけることにいそしむうちに、ほとんど名づけ終わったと安堵していたら、なんと毎日見なれたカサゴが別種であり、これを発表し忘れていた。「うっかり論文を発表し忘れたため」。

旬は秋から冬
白身で、クセのない味わい。
たた淡泊で旨みに欠ける。

ヨダレカケ

学名:Andamia tetradactyla
スズキ目イソギンポ科

本種は岩礁域の潮上帯や飛沫帯に生息し、「陸地にすむ魚」としても知られる

下唇のヨダレカケの様な吸盤で濡れた岩をよじ登ったり、跳ねたりする。

体が水に濡れていれば皮膚の血管で皮膚呼吸が可能で、海中に入ることは少なく、陸上に産卵する唯一の魚類。

フシギウオ

学名:Gibberichthys pumilus
カンムリキンメダイ目フシギウオ科

幼体には他の魚にはない珍奇な特徴がある。

体は何故か腹びれが体長よりも遥かに長く、しかもその先端には10以上の扇状器官がついている。泳ぐときには、それを海底に引きずるようにする。

成長すると、腹びれは普通の魚と同じになってしまう。

スベスベカスベ

学名:Bathyraja minispinosa
ガンギエイ目ガンギエイ科

ウロコがほとんどなく、スベスベしてることから名づけられました。

セニョリータ

学名:Oxyjulis californica
スズキ目ベラ科

このおさかなは、北アメリカ大陸沿岸のカリフォルニア州からバハカリフォルニアまでの水深2,30メートルまでの比較的浅い海に住んでいます。

1 2





お茶漬けと立方体さん

気になる情報からどうでもいい情報まで、幅広くまとめたいと思ってます。よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう