1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

新社会人が知っておきたい!オフィスカジュアルで注意したいポイント

夏のクールビズが浸透して来た昨今、オフィスでもカジュアル化が進んでいます。でも、これって以外と難しいですよね。オフィスカジュアルで注意したいポイントと参考になりそうなコーディネイトをまとめてみました。

更新日: 2016年04月08日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1309 お気に入り 532493 view
お気に入り追加

▼オフィスカジュアル化が進む昨今。

夏のクールビズが浸透して来た昨今、オフィスでもカジュアル化が進んでいます。

男女雇用機会均等法などの法整備、女性の社会進出、制服の撤廃、温暖化防止のためにクールビズなど、社会背景を受けてビジネスの中でもカジュアル化が進んでいます。

▼オフィスカジュアルって何?

これと言った明確な定義がないオフィスカジュアル。ビジネスファッションの正装であるスーツが固い印象だとしたら、オフィスカジュアルは少し柔らかい印象です。

オフィスカジュアルとは、ビジネスカジュアルとも呼ばれる仕事をするときの服装のこと。

ソフトジャケットやジャージ素材のワンピース、スカート、パンツなど、柔らかい印象のスタイルです。

▼でも、何を着て行けばいいか分からないことも…。

スーツを着なくて良いのは嬉しい!と思う反面、洋服選びや何を着ていいか分からないことも多く、結局、スーツや制服の方が良かった…なんてことも。

何となくラフということはわかりますが、デニムは?ワンピは?カットソーは?パーカーは?色物は?柄物は?スカートの丈は?

自由であるがために組み合わせは無限大。カジュアルにもビジネスにも適さないコーディネイトになってしまうおそれがあります。

▼みんなも困ってた…!

今まで制服だったからオフィスカジュアルという服装に毎朝困る。だったらスーツがいい。

ああ、「私服でお越しください」 困る… オフィスカジュアルって何? 助けてドラえもん

□オフィスカジュアルの注意すべきポイント

派手な柄物や奇抜な色の服を着ると、ビジネスの場にふさわしくない「普段着感」が出てしまうので、無難な「ベーシックカラー」と呼ばれるものが基本です。

黒・紺・グレー・ベージュを基本色に、ジャケットとボトムを別々にチョイスしセパレートなコーデを選ぶ

“ベーシックカラー”と呼ばれるアイテムをそろえておくと、仕事らしいキチンと感を出しつつ、今っぽいカジュアルへと変化をつけやすくなる。

胸元が大きく開いている、肩を出している、スカートの丈が短い…このような服装はオフィスカジュアルには不向き。

ノースリーブやキャミソールがNG。
その上からカーディガンなどを羽織って、脱がないのであればOK

TシャツはNG!出来るだけ襟のあるシャツを選びましょう。この時期はカーディガンも良いですよね。

だぼっとした服を着ると、カジュアル感が強調されてしまいます。

1 2 3





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう