1. まとめトップ

GLAYのTERUが推す北海道のポン菓子ドンデマカロニの販売店と作り方レシピ等

2015年1月にGLAYのTERUさんがツイッターで「とんでもなく美味しい!」と絶賛したことで有名になった北海道知内町生まれのポン菓子「ドン・デ・マカロニ」を応援する為に、そのウマい理由や買えるお店の場所、連絡先、作り方レシピ等を紹介し、更に長く生き残っていくにはどうすればイイ?について考察します。

更新日: 2016年07月19日

675 お気に入り 70649 view
お気に入り追加

▼ きっかけは2015年1月23日(金)の朝、TERUさんの何気ないツイートからだった・・・

友達から送られてきた、ドン・デ・マカロニのシュガーバター。 マカロニを圧力釜特殊製法でサクサクにしたらしい。 とんでもなく美味しい! 最近、函館で密かなブームみたいなので、函 cameran.in/p/v1/R4FKrjvFTx pic.twitter.com/FI8x4mtsE2

出典 twitter.com

DON de MACARONI ドンデマカロニ ドン・デ・マカロニ シュガーバター味 やごし本舗 写真(画像) cameran カメラン

友達から送られてきた、ドン・デ・マカロニのシュガーバター。

マカロニを圧力釜特殊製法でサクサクにしたらしい。

とんでもなく美味しい!

最近、函館で密かなブームみたいなので、函館にお寄りの際には、おみやげにオススメです。

これにGLAYER(GLAYファンの人たち)が反応し、買い注文が全国から殺到!ついにはどうしん(北海道新聞 2月6日(金))などで紹介されることに

知内(しりうち)町内小谷石(こたにいし)の菓子屋「やごし本舗」が製造する、マカロニをサクサクに仕上げたポン菓子「ドン・デ・マカロニ」が話題を呼んでいる。

TERUさんがツイッターに投稿した1月23日(金)、商品を置く函館市昭和町のコミュニティ&カフェ「はなはな」では、

午前11時の開店と同時に訪れたGLAYファンの女性が購入したのを皮切りに、在庫の60袋があっという間に売り切れた。

ここではライブなどのイベントも開催されています。

TEL&FAX 0138-76-8703


↓ 住所をクリックすると地図が別ウィンドウ
  で開きます。

「はなはな」の多田朋美代表は「山口県や宮崎県からも注文の電話があった。5~10袋をまとめ買いする人も多く、再入荷してもすぐに売り切れる」と話す。

(2015年2月現在、「はなはな」で)これまでは10日で約50個のペースで売れていたが、ツイッターで紹介されて以降、100個仕入れても2日ともたない日が続いている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼ そもそもポン菓子(英語では puffed cereal)とは、どんなお菓子なのか?

ポン菓子(ポンがし)、ドン菓子(ドンがし)とは、米などの穀物に圧力をかけた後に一気に「ポンッ」「ドンッ」と開放することによって膨らませたお菓子で、駄菓子の一種である。

お腹に優しくカロリー低めなこのポン菓子は、きっと芋けんぴより良いに違いない...。

「ポン菓子」は「ポンポン菓子」や「パンパン菓子」、「ドン菓子」と呼ばれていて、単に「ポン」や「ドン」、またはその出来上がった時の破裂音から「バクダン」と呼ばれることもある。

(遠野玄米ポン、遠野玄米ポンせん)

遠野産の玄米を100%使用し、昔なつかしのポン菓子を作りました。

玄米の香ばしさと、また素朴な味わいで、人気の商品です。

甘さが控えめのため、お子様のおやつにもぴったりです。

・ ポン菓子に加工できる原料

  米 オオムギ コムギ ソバ 餅(もち) うどん トウモロコシ(特にポップコーン) 大豆 空豆 銀杏 粟(あわ) マカロニ 煮干し 昆布


・ ポン菓子に加工するのに不向きな原料

  ゴマ(油を多量に含み、ベタついてしまうから)

▼ ドン・デ・マカロニの作り方(レシピ、クックパッド)は?

乾燥したマカロニを専用の圧力釜に入れて加熱した後、一気に減圧して、マカロニを膨張させて作るポン菓子で、

マカロニで作るポン菓子(=ドン)であることから『ドン・デ・マカロニ』と名づけられた。

マカロニをお菓子にしようって発想はどこから生じたのでしょうね?!

見た目は、いわゆる「かりんとう」みたいな、軽そうな感じで、素朴なお菓子って感じです。

素材はマカロニなので、このように中は穴が空いていて、軽い食感が特徴なんですね♪

ドン・デ・マカロニの製法は他のドン菓子と同じ。乾燥したマカロニを回転する筒型の圧力釜に入れて加熱し、頃合いを見て釜のバルブをハンマーで叩いて開けて一気に減圧する。

その後に「ドンッ」という爆発音と共にふくらんだマカロニを、砂糖やバターなどで味つけしてポン菓子ができあがる。

大砲のような形をしている機器で、右側の黒い筒で(お菓子を)ぐるぐる回し、「どぉーん!」と爆発させてドン・デ・マカロニなどを作ります。

※ 「きみ」とは北海道で「とうもろこし」のことで、「どん」は「ポン菓子」のことで、「どんきみ」は「トウモロコシを使ったポン菓子」という意味です。

▼ ポン菓子機の製造メーカーってどんな会社がある?ポン菓子製造機の価格は?

ポン菓子の製造機(ポン菓子機)は製造販売されていて、価格(値段)は数十万円です(新品だと一般に40万円前後くらい)。

レンタルサービスも今はあって、その他にネットオークションで中古の製造機が出品されていることもあります(今までの例だと、1台30万円くらいで出品がありました)。

穀類膨張(こくるいぼうちょう)機 = ポン菓子製造機 = ポン菓子機

このタイプは、燃料が薪からプロパンガスに変わり、手回しから電動になっても、55年間一番の人気機種であり続けています。

その理由は軽量で堅牢、故障がほとんど無く、また一升(1.8L)という顧客の注文にかなった容量であるためです。


〒143-0013
東京都大田区大森南四丁目6番15号テクノFRONT森ヶ崎505

電話 03-6423-9904
FAX 03-6423-9906
メール pongashi@rf7.so-net.ne.jp

※ 東京モノレール「昭和島駅」より徒歩10分、京浜急行バス「森ヶ崎」又は「大森東五丁目」より徒歩5分です。顧客用の駐車場アリです。

子供たちに人気が高く、大人にとっては懐かしいポン菓子機のレンタルサービスです。


営業時間 9時30分~18時

電話 0120-987-714

メール event@onestep-miyazaki.com


・・・これ(製造機械)って、村や町とかの単位で、お祭りなどのイベントで使用するモノなんですね。

つまりポン菓子(ドン菓子)は、一般のご家庭でお母さんが簡単に作れるお菓子ってわけではないんですね。

1 2 3 4





hakodate_lovinさん

函館の自然や街、人が大好きです。函館や北海道を応援する記事ネタを探して、超ローカル・カテゴリに特化して書いていきます♪流行に流される内容ではなく、永く読者の皆さんに愛してもらえる有益な記事を目指して。



  • 話題の動画をまとめよう