1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

女性の仕事服は選び方しだい!ビジネスシーンでの印象を上げるコツ

ビジネスシーンでは男性と比べると、女性の服には明確なルールがなく、ビジネス服の準備に悩まされる多いと思います。服装が派手すぎて下品に見られたり、無難すぎて印象に残らないってこも・・・。女性が服をコーディネートする際に選択しだいで多大な影響を与えているかもしれません。

更新日: 2015年04月03日

sun3355さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1313 お気に入り 494292 view
お気に入り追加

男性と比べて、女性の場合は選択肢も多い

ひとくちで女性の服装と言っても、クリエイティブな仕事、営業的な仕事、事務的な仕事、人と接する仕事など、仕事の内容によってさまざまです。

女性の服には明確なルールはないものの、女性の場合は”派手過ぎない清楚な服装”がオフィスカジュアルとされています。

服装規定がない会社では、基本的には自分が仕事にふさわしいと思う服を着られる。ただし基準は人それぞれ。

女性は、あまり厳しく言われませんが、それでもやはりビジネスシーンでは、女性だからなんでもよいということはありません。

職場でNGな女性の仕事服

肌の露出度が高いもの

真面目に仕事をしていても、身につけているものでお局様に目を付けられるのは損です。

カジュアルになりすぎて、社員の方から注意を受けてしまうこともあるようです。特に女性は肌の露出に注意しましょう。

大切なのは、会社に溶け込むコーデ

新入社員さんなら、 挨拶や仕事ぶりだけでなく、 服装に関しても会社はよく見ています。

自分に似合った服装、また仕事のイメージと合った工夫を考えるようにすることが大切です。

仕事上の業績・成果目標に対し、“服に気を遣っている人”の方が達成している割合が高いようです。

どう着るのが望ましい?

色の配色などで違和感のある「不調和」と「単調」は避けたいポイントだと言われます。

男性営業は上下同色のスーツにネクタイと固定した印象ですが、女性営業はスーツの着こなし一つでクライアントに覚えてもらえるチャンスが広がるのです。

女性はスーツのインナーを変えるだけでガラッと着こなしを変化させることができます。

ストライプのシャツなら爽やかさを、ブラウスなら女性らしさを、カットソーやニットなら親しみやすさや機敏さをといった具合に与える印象を使い分ける事もできます。

同じ色でも素材が違うだけでメリハリがついたり、なんとなく色が違って見えたりします。 透け素材、光沢素材などさまざまな素材があるので、上下で違うものを取り入れ、単調になるのを防ぎましょう。

仕事がデキる女に欠かせないお仕事用ファッションアイテムは「タイトスカート」。

きっちり仕事をこなす女性のイメージもあるタイトスカートは、職場での支持率が高いよう。大人っぽさも職場では好印象です。

タイトスカートの丈は膝上か半分隠れるくらいまでの長さが無難です。

さらに作業性を考えて、伸縮性にすぐれ、汗を吸収しやすい特殊な素材を使っている動きやすさを重視しよう。

清潔感があって、上品で知的。オフィスの定番アイテムといえば、白シャツ。

1 2





sun3355さん



  • 話題の動画をまとめよう