1. まとめトップ
6 お気に入り 56527 view
お気に入り追加

プロレタリア文学の旗手

生年月日:1903年10月13日

出身地:秋田県

最終学歴:小樽高等商業学校(現・小樽商科大学)

「一九二八年三月十五日」「蟹工船」「党生活者」など労働運動・革命運動の現実を書いた。

プロレタリア文学…個人主義的な文学を否定し、社会主義思想や共産主義思想と結びついた文学である。戦前の日本文学の潮流の一つ。

特別高等警察

作品中の特別高等警察(特高警察)による拷問の描写が、特高警察の憤激を買う。

「一九二八年三月十五日」は、特高警察の残虐性を初めて徹底的に暴露した小説として世間の注目を浴びたが、これによって彼は特高警察から恨みをかうことになった。

■特別高等警察とは

国体護持のために無政府主義者、共産主義者、社会主義者、および国家の存在を否認するものを査察・内偵し、取り締まることを目的とした日本の秘密警察及び政治警察。「票読み一つ誤らない」と恐れられた緻密さを持ち、ことに戦時中は、「銭湯の冗談も筒抜けになる」とまで言われた。戦後GHQによって廃止された。

出典:特別高等警察ーwikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5%E9%AB%98%E7%AD%89%E8%AD%A6%E5%AF%9F

残酷な拷問の果てに…

多喜二は明るい性格で、とても話し好きな人物であったという

1933年2月20日、同志と会うために都内の路上にいた所を、スパイの通報によって逮捕される。

転向(思想を変えること)をあくまでも拒否した小林は、特高警察の拷問によって虐殺された。

警察当局は「心臓麻痺」による死と発表したが、翌日遺族に返された小林の遺体は、全身が拷問によって異常に腫れ上がり、特に下半身は内出血によりどす黒く腫れ上がっていた。しかし、どこの病院も特高警察を恐れて遺体の解剖を断った。

出典:特別高等警察ーwikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5%E9%AB%98%E7%AD%89%E8%AD%A6%E5%AF%9F

遺体を検査した作家・江口渙が「作家小林多喜二の死」にリアルに描写しています。
「…首には一まき、ぐるりと深い細引の痕がある。よほどの力で締められたらしく、くっきり深い溝になっている。そこにも、無残な皮下出血が赤黒く細い線を引いている。左右の手首にもやはり縄の跡が円くくいこんで血がにじんでいる。だが、こんなものは、からだの他の部分とくらべるとたいしたものではなかった。さらに、帯をとき、着物をひろげ、ズボンの下をぬがせたとき、小林の最大最悪の死因を発見した私たちは、思わず『わっ』と声をだして、いっせいに顔をそむけた…」

出典:小林多喜二を虐殺した特高は罪に問われなかったの?
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-02-17/2007021712_01faq_0.html

小林多喜二とともに捕らわれて、病気で保釈となった今村恒夫の話
「にぎりぶとのステッキと木刀をふりかざしていきなり小林多喜二に打ってかかる。ぶんなぐる。蹴倒す。ふんずける。頭といわず肩といわず、脛でも腕でも背中でもところかまわずぶちのめす」

出典:特高警察の「拷問」とはどの程度のものであったのか
http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/297/

すさまじいほど青ざめた顔はでこぼこになり、げっそりと頬がこけ眼球がおちくぼみ十歳も老けて見え左のこめかみにはバットで殴られたような跡がある。首にはひとまきぐるりと細引きの跡。両方の手首にも縄の跡。下腹部から両足の膝頭にかけて墨とべにがらを混ぜて塗りつぶしたようなものすごい色に一面染まっている。内出血により膨れ上がっている。ももには錐か釘を打ち込んだような穴が15~6箇所もあいている。脛にも肉を削り取られたような傷がある。右の人差し指が反対側につくぐらい骨折。背中も一面の皮下出血。上の歯も一本ぐらぐらとぶら下がっている状態。内臓を破られたために大量の内出血がすでに腹の中で腐敗し始めていた。

出典:小林多喜二はいかに殺されたか
http://rekishi.blog41.fc2.com/blog-entry-50.html

母親の元に返された遺体

作家仲間らが遺体を囲んでいる写真

母親は多喜二の身体に抱きすがった。「嗚呼、痛ましい…よくも人の大事な息子を、こんなになぶり殺しにできたもんだ」。そして傷痕を撫でさすりながら「どこがせつなかった?どこがせつなかった?」と泣いた。やがて涙は慟哭となった。「それ、もう一度立たねか、みんなのためもう一度立たねか!」。

再評価

船でもなく、工場でもない――「蟹工船」。戦前、オホーツク海上で行われた「たらば蟹」の加工設備を備えた漁船。そこは、航海法や工場法に適用されず、さらには労働法規もない。まさに海上に浮かぶ過酷な労働の場だった。劣悪な環境の中、監督による暴力・虐待、過労や病気で次々と倒れてしまう。労働者はやがて権利意識に目覚めてゆく――。

出典:GOMA BOOKS
http://www.goma-books.com/digital/republish

若い世代における非正規雇用の増大と働く貧困層の拡大、低賃金長時間労働の蔓延などの社会経済的背景のもとに、2008年には『蟹工船』が再評価され、新潮文庫の『蟹工船・党生活者』が50万部以上のベストセラーになった。

1







  • 話題の動画をまとめよう