1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

できれば関わりたくない…いじわるな人との付き合い方

学校や会社、近所などで運悪く意地悪な人と出会ってしまったときの対応方法。相手のレベルに合わせるのではなく、冷静に対応できるようにしましょう!

更新日: 2015年04月14日

Sweeteuropeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
759 お気に入り 174422 view
お気に入り追加

学校や会社、近所などで運悪く意地悪な人と出会ってしまったときの対応方法をまとめてみました。
関わらないことが一番ですが、顔を合わせる機会が多いと難しいですよね。。

個人的に受け取らない

その批判や攻撃は一般論でも何でもなく、あなたを痛めつけるだけの目的で発せられている言葉です。何の意味もないので、一切真に受けてはいけません。

その会話からあなたが得るものは何もありません。彼等には言いたいように言わせておけばいいんです。

「自分に悪いところがあったからだ」というように、自分を責めないことが大切です。いじめにあった人の多くは、心に深い傷を受け、自分の不甲斐なさや無力感を強く感じています。

自分が悪いのではなく、相手が問題を抱えているということを知る

意地悪には、コンプレックスの裏返しから来ているものもあります。つまり、自分がされたくないこと、気にしていることを、先に相手にぶつけることで、弱みを見透かされないようにしようという心理です。

気分が良いとき 順調な時は 他人に意地悪をしません

人に意地悪をする人の多くは、その人自身の人生に何かと問題を抱えていることが多いもの。「彼女(彼)も大変なんだろうな」と同情し、相手の肩透かしで終わるように仕向けよう。

冷静に対応する

意地悪な発言を投げかけてくる連中は、相手の反応を楽しみにしています。怒ったり、落ち込んだり、反論することは、相手の期待通りの反応なのです。

嫌がらせは立派なモラルハラスメントです。自分が傷付けられる旨を相手に冷静に説明しましょう。それでも行為が止まない場合はモラルハラスメントが的確に処理されるところに報告する・訴えることの準備をしてください。

なるべく避ける

必要以上に関わると、ロクなことがありません。
そんな意地悪な人からは嫌われて相手にされないくらいが健全です。

無理をして付き合う必要はないので、自分の身をその人から離します。これは逃げるという行為とは違い回避の行為であって、身を守るための賢い防御策です。

どうしてもコミュニケーションを取らなければいけないという状況であれば、程よくスルーするが大切です。

それでも止まらない、、周りに助けを求めてください

問題を一人で抱え込まず、たとえば、友人や信頼に足る大人に相談するなど、さまざまな方面に助けを求めてください。

助けを求めたことにより、自分が想像もしなかったような、

考えや解決策をくれる人は、周りにたくさんいることを、

ぜひとも忘れないでいただきたいです。

1





Sweeteuropeさん

気になることをどんどんまとめていきたいと思います⭐︎

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう