1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ピンク色の衝撃!ピンクの醤油を使うと、あれもこれもピンクに…

なんで醤油をピンク色にしちゃったのかはわかりませんが、かなりのインパクトです。プレゼントにするとうけるかも!?

更新日: 2015年09月11日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
706 お気に入り 296055 view
お気に入り追加

なんとピンク色の醤油というものがあるらしい・・・

醤油といえばコレ!
これ以外は想像できません!

イカの刺身にかけているのはピンクの醤油

様々なピンク色の商品であふれるなか、「なぜピンクにしようと思ったのか!?」というものがピンク化してしまいました。

しかもピンクっぽいとか、ややピンクかなというような中途半端なピンク色じゃありません。迷いのない堂々とした可愛いピンク色です。

見た目からはどうも味が・・・

その色やテクスチュアは、まるでマニュキュア。食品としては、正直あまり美味しそうではありません。

気になる味は?

あれ? 意外に旨いw
なんていうんでしょう、濃口醤油というより薄口醤油に近い、塩分濃いめのダシの入ったお味?

どうやってこんな鮮やかなピンクにしているのでしょうか?

ピンク醤油のベースは白醤油という薄口醤油よりさらに色が白い醤油を使ってあります。
そして、そこに鳥取県名産のビーツという赤い色をした根菜を加えることであのなんとも不思議なピンク色を実現しているのです。

ビーツはロシア調理の代表格「ボルシチ」の材料として有名です。

ピンクの醤油を使えばこんなものができちゃいます

白い豆腐にピンク色の醤油。
見た目はまるでレアチーズケーキにベリーソースをかけたみたい。

みたらし団子
これはかわいいかも

1 2





まとめるの、結構好きです^^
自分の興味のあること、
気になることを中心に、
ぼちぼちまとめていこうと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう