1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

Kindleの洋書がカンタンに読める機能がすごい!

案外知られていない、Kindleの”難しい英語を教えてくれる機能”が快適そうでワクワク!

更新日: 2015年05月11日

707 お気に入り 100517 view
お気に入り追加

便利すぎる「Word wise機能」

難しい英単語の上に、ヒントとして意味が自動的に表示される機能。
優しい英語に訳してくれるので、とっても読みやすくなります。

Amazonが提供するKindleで使える機能なんです。

Word Wiseは、Kindle洋書の文章中に出てきた難解な英単語を簡単な同義語で言い換えてくれる機能。

単語をタップすると類義語や定義なども表示でき、右下に表示された「Word Wise」をタップすることで、機能のオン・オフ切り替えもできます。

対象書籍は、Amazon Kindleストアにある「Word Wise対応タイトル」カテゴリから。

対象書籍は現在約22万タイトル以上です。

対応していないものもあるので注意!

「ハリーポッター」
「スティーブジョブス」
など、いろんなジャンルの作品が用意されています!

「華麗なるギャッツビー」
「高慢と偏見」
などの古典は無料になっていたりします。

英語が苦手な日本人にはぴったりな機能!

Kindle 起動したら英単語に勝手に注釈が付くようになってた。Word Wise 機能っていうんだ...こりゃ便利だわ。 pic.twitter.com/vrUGnBQpb4

わざわざwordwise機能対応のやつ買ってしまったね 楽しいね

Kindle Paperwhite入手!辞書とword wise機能が洋書読む時に便利過ぎて震える。なんでもっと前に買っとかなかったんだろう。 instagram.com/p/yxMIodzf5_/

英語学習に便利!!

洋書を読むことでリーディングのスキルが大きく伸びやすいということはこれまでも書いてきました

英語の教科書も小説の文章だったりしますよね。

ユーザーの英語レベルに合わせて難易度を設定でき、文中に表示されるヒントの数を調整できる。

その単語について詳しく知りたい場合は、そこをタップするだけでより詳細な定義や同義語が表示されます。

こちら、Holesという、英語初学者向けによくお勧めされる本なんですが、どんな単語に注釈がついているのか紹介してみようと思います。

Kindleのword wise機能めっちゃ便利。難しい単語の平易な言い換えを常に表示してくれる。言い換えを表示する単語の難しさも五段階で選択できる。これはkindle on iPadとかにはなかったよな…? pic.twitter.com/d9rhDRonPI

個人的な使い方もできる

昨年末のWord Wise機能搭載で洋書読み環境としてポテンシャルアップしたKindle。更にパワーアップしようと、標準辞書のプログレッシブ英和やODEに加えてKindle版の英辞郎とCobuildを購入導入してみた。 pic.twitter.com/7W4zKdKAVO

KindleのWord Wise機能いい! この単語をそういう風に説明するんだーって、その発想はなかった、と面白い。話に集中できなくなるので、今は珍しいから全部読んでるけど、だんだん読まなくなるかな。時々、違う意味が出てるけど、前後関係でわかるから問題ない。

とっつきにくい洋書ですが、これからは英語の得意・不得意関係なく挑戦しやすくなりそうですね。

1





ごるばちょKOさん



  • 話題の動画をまとめよう