1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

トラブル増加中!ネット宅配クリーニングで気をつけておきたいこと

近年、店舗型のクリーニング店が数を減らすなかぐいぐいシェアを広げているネット宅配のクリーニングサービス。しかし、トラブルの相談件数も増加しているそうです。主なトラブルの事例と便利なサービスであるネット宅配クリーニングを上手に利用するために気をつけておきたいことをまとめました。

更新日: 2015年05月19日

かげとりさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
112 お気に入り 172427 view
お気に入り追加

◆現在急速に普及しているネット宅配クリーニングサービス

忙しい人にはぴったりのサービス。
衣替えの季節まで衣類を預かってくれるサービスまであるんです♪

インターネットで申込みでき、受取と受け渡しも家まで来てくれる宅配クリーニングはとても便利なサービス

ネット型宅配クリーニングは最近、テレビCMなどでPRするようになり急速に普及している。

◆利用している人たちもけっこう多い

便利な世の中になりまして。クリーニングも宅配してくれる時代です。

初めて、宅配クリーニング利用してみた。案外便利かも?

初めて宅配クリーニング、保管サービス付きというのを利用しようと。便利!なんでもっと早くお願いしなかったんだろうー。アウター&ニットスッキリ!

◆しかし、そんな便利な宅配クリーニングとのトラブルの相談が増加してるそう

クリーニング全体の相談件数は減少しているのにも関わらず、宅配クリーニングに対する相談件数は増加しているとのこと…。

国民生活センターによると、クリーニング店に関しては、実店舗は減少傾向にあり、相談件数も減少しているが、インターネットで申し込む形態でのクリーニングに関する相談が増加しているそうだ。

ネット宅配型の相談件数は、平成21年度は17件だったのに対し、26年度は1月31日時点で156件と9倍超に増加

実にさまざまな相談が寄せられているそう

それにしても連絡不能って…。

国民生活センターは、「店舗型との違いに留意し、事前に契約内容をよく確認してほしい」と注意を呼びかけている。

▼ネット宅配クリーニングでの主なトラブルの事例

◆預けた衣類を紛失してしまう

連絡をしたところ、受け取っていないと言われた。その後再度事業者が調べたところ紛失したようだ。

◆損害に見合った補償をしてくれない

ドライクリーニング不可なのに行って生じたクリーニング事故について自社の規約で補償上限額が1万円と言われた。

業者の手違いで25万円のコートが破損したにもかかわらず、「補償上限は1万円」と言われた

◆問い合わせても連絡がこない

紛失事故で問い合わせたところ、録音テープでネットで問い合わせるように言われたのでネットで問い合わせたが連絡が来ない。

電話を掛けると、「担当者からメールで連絡をします」と。しかし連絡はありませんでした。

◆値段が当初の説明と違う

「○○点で○○○円」「1袋で○○○円」という価格設定の事業者もありますが、衣類の検品の際に一方的に種類、価格などを設定されてしまい、しかも解約困難

事業者から、ワンピースではなく「パーティードレス」と判断され、ワンピースのクリーニング代の5倍以上の金額を提示された。

◆ちゃんとクリーニングしてくれていない

1 2





どうでもいいことからちょっぴりためになるような事をまとめていきたいと思います。
よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう