1. まとめトップ
  2. カラダ

自殺頭痛と呼ばれている…?激しい痛みをもたらす「群発頭痛」とは?

俗に「自殺頭痛」とも呼ばれる恐ろしい頭痛「群発頭痛」というものがあります。その痛みは、心筋梗塞・尿路結石と並び三大痛の一つとされています。そもそも「群発頭痛」とは、どのような頭痛なのでしょうか?

更新日: 2015年04月27日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
190 お気に入り 141952 view
お気に入り追加

●俗に「自殺頭痛」とも呼ばれる頭痛がある?

まだ広く知られていないだけに、不安だけが募ってしまいます。

●そもそも「群発頭痛」とは?

短時間、片側の目の奥が針でさされるような強い痛みや、目の充血や涙などの症状があらわれる頭痛です。

群発頭痛は、心筋梗塞・尿路結石と並び三大痛の一つとされており、別名「自殺頭痛」と呼ばれています。

群発頭痛の有病率は10万人につき124人で、約1000人に1名におこるといわれています。

●「群発頭痛」の主な症状

「群発期」と呼ばれる、1年に1回、1~2ヵ月の間、頭痛発作が起こる時期があり、連日ほぼ決まった時間に痛みがあらわれます。

1日1回起こるのが普通ですが、2~3日に 1回、あるいは 1日に 4~5回の例もあります。

左右両側が同時に痛むことはなく、同一群発期には同じ側が痛みます。

なかでも、毎年春先や秋口など季節の変わり目が群発期にあたる人が多く、就寝後や明け方に起こりやすい傾向があります。

・眼の奥に、突き刺すような激しい痛みが生じることが特徴

左右どちらかの眼の奥に、キリキリと突き刺すような激しい痛みが特徴的です。

有病率は0・1%以下とされていて、まれな病気です。

●「群発頭痛」は、どんな人がなりやすい?

男性のほうが女性より3~7倍ほどかかりやすく、特定の遺伝子が関係しているという説も。

20~40代の男性に多く、病気が原因ではない頭痛のなかでは最も激痛と言われています。

●「群発頭痛」の原因とは?

群発頭痛は、片頭痛と同じように、頭部の血管の拡張と炎症に関係しているとされてますが、はっきりとした原因はまだ解明されていません。

また、お酒に含まれているアルコール、狭心症の治療薬などに含まれているニトログリセリン、ヒスタミンなどが頭痛を誘発すると言われています。

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう