1. まとめトップ

【オリンパス】OM−Dシリーズ、ベストバイはどれ?【ミラーレス一眼】

2015年、OM-Dシリーズ初号機であるE-M5の後継機種が発売された。いまや、OM-Dシリーズはオリンパスのミラーレス一眼のメインストリームとった。いざ、OM-Dに手を出そうとしたとき、どれが自分にあった機種なのか。機種比較をお届けしたい。

更新日: 2015年07月01日

tomoya_kさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 16074 view
お気に入り追加

ミラーレスの人気ブランドに育ったOM−Dシリーズ

PENシリーズから始まった、オリンパスのマイクロフォーサーズであったが、今やOM-Dシリーズがメインストリームである。

Photo by Image Source / Digital Vision

いつもカメラってどれを買うのがいいのかわからない・・・。いいやつは高いし・・・。

ちょうどいい機種が欲しいのだけど。

ちなみにOM-Dって名前は何なの?

違いはなんだろう?

画質については大差ない!

実は、画質についてはそれほど大きな違いはない。ほとんどが操作性や耐久性、手ぶれ補正やEVFのスペックなど、画質以外の部分の差になっている。

3機種とも最新の画像処理エンジンを搭載。
ノイズ処理も同じ、回折現象によるシャープネスの劣化を補う機能も同じ。よって、同じレベルの画質を写真を創りだしてくれる。

E-M1、E-M5 markⅱは防塵・防滴・-10°C耐低温。

上位の2機種は水を欠けても大丈夫なレベルの防滴性能。一方で、E-M10はエントリーモデルゆえ、防滴防塵ではない。

EVF(エレクトリックビューファインダー)のドット数が違う

E-M1、E-M5 markⅱは約236万ドットで、約100%/約1.30倍*1~約1.48倍を謳う。
E-M10は約144万ドット、約100% / 約1.01倍*1~約1.15倍となり、ドット数が少なく大きさも一回り小さくなる。

手ぶれ補正のレベルが違う

E-M1とE-M5は5軸手ブレ補正という高性能な手ぶれ補正機能を搭載。特にマクロ撮影などで威力を発揮する。一方で、E-M10に搭載されている手ぶれ補正は3軸手ブレ補正。
通常の使用であれば、これでも十分なレベル。

そもそも他のメーカーの手ぶれ補正よりオリンパスの手ぶれ補正のほうが、より効果が高い!

E-M1だけ、像面位相差AFに対応

像面位相差AFとは、一眼レフで利用使われていたAF用のセンサーを、画像センサーに埋め込んでしまう技術。これによって、フォーサーズ時代のレンズを利用しても素早いAFが利用できるようになった。

E-M5やE-M10では像面位相差AFがないため、フォーサーズレンズを使用すると合焦まで時間がかかったり合焦しなかったりする。

とはいえ、マイクロフォーサーズレンズでも高性能なレンズが発売されるようになっているし、像面位相差AFがなくてもマイクロフォーサーズレンズであればかなりAFスピードは早いので、実はそんなに要らないかも・・・。

大事なポイントは大きさと操作性

重量を比べると、E-M10は100gも軽量。
E-M1    :497g
E-M5 markⅱ :469g
E-M10    :396g

寸法を比較するとE-M1が少し大きくE-M10は一回り小さい。
E-M1    :130.4mm(幅) × 93.5mm(高さ) × 63.1mm(奥行き)
E-M5 markⅱ :123.7mm(幅) × 85mm(高さ) × 44.5mm(奥行き)
E-M10    :119.1mm(幅) × 82.3mm(高さ) × 45.9mm(奥行き)

全機種2ダイヤルだが、ボタンの数が違う。
ハイエンドのE-M1だと、AF切り替え等の専用ボタンが用意され、メニュー画面を開かずとも設定がすぐに変更できる。
一方でエントリー機種のE-M10は設定によってはメニュー画面を開かなくてはいけない。

オートで使い設定を頻繁に変更する必要がない分にはE-M10で十分。

さぁ、ではどれを買おう!!

Photo by Chris Ryan / OJO Images

結局、ハイスペックであれば大きく、(値段が)高くなり、エントリーモデルになればなるほど、コンパクトで、安くなる。

とにかく気軽に使いたい。持ち運び安く、いつでも撮りたい。

そんなあなたにはE-M10!
画質が低いわけでもなく、普段使いには十分な機能性。とにかくコンパクトで余計な設定をせずともさっと取り出して、さっと使える。
そんな日常使いにベストマッチ。

じっくり写真を撮りたい。より高性能を手軽に使いたい。だけど、別にフォーサーズのレンズには興味ない。

そんなあなたにはE-M5 markⅱ!
5軸手ブレ補正や、高画素のEVF、防塵防滴性能など十分なスペックを持っています!

高速AF、超高性能のフォーサーズレンズを使いたい。

そんなあなたにE-M1!
唯一孤高の存在、E-M1。フォーサーズの14-35 F2.0などの超弩級レンズを使って、超高画質を味わいたいなら、これしかない。
大型のグリップ、各種ボタンの豊富さはあらゆるシーンでの撮影に対応できる。

1 2





ミラーレス、コンパクトデジタルカメラで写真を撮り続けています。
最新機材やカメラの使い方をまとめます!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう