1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

「使いづらい」をとことん追求したデザインがシュールすぎ

普段私たちが使っているモノが、どんなに考え抜かれたデザインか考えたことありますか?真逆の使いにくさを追求した思わずクスっと(イラッと?)してしまう日用品がなんだかシュールでオシャレです。

更新日: 2015年05月01日

LuvShmmyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
909 お気に入り 255018 view
お気に入り追加

▼普段使ってるものを少し変えてみたら。。。

こちらはKaterina Kampraniさんによって制作された「The Uncomfortable」。

デザインを研究するkkstudioは、ヘンテコな製品をデザインし、「The Uncomfortable」シリーズとしてサイトで公開している。

▼「不便さ」をとことん追求したデザイン

「いつもの日用品を、とても使いにくいけれどぎりぎり使えるラインにデザインしなおすのがゴール」だそうで。

原型をなるべく崩さずにスプーンはスプーンのまま、フォークはフォークのままで、とにかく使いにくくすることを目標

日用品の一カ所をほんの少し変えてしまうだけで、どうにもこうにもいかない物に早変わりです。

どれも物理的に使いづらい物ばかりのシュールなデザインが実にユニークです。

▼使ったら絶対にイライラしそうwww

すげー時間かかりそう。

どの道具の本質も的確に掴まれ、華麗に意味が失われております。

飲みにくいけどオシャレ!?

ボタンの開け閉めめんどくさそう

取手が片方にしか付いていない大鍋、前方に傾いた椅子、サイドに毛のついたほうきなどなど。

座り心地が超絶に悪いイス

やけどしちゃう(汗)

つま先がカジュアルに空いている長靴、石ででいた傘、お鍋の持ち手が隣同士に、デッキブラシの柄の位置が違う…。

つま先が開いた長靴。水、入ってくるよね、、、

筋力とバランス感覚が鍛えられそうw

▼普段何気なく使っているものを見直してみましょう

あえて改悪する事で本来の意図やデザインについて考えなおさせる、興味深いシリーズとなっています。

普段使っている商品のデザインが、いかに快適さを追求してデザインされているのかを、再確認することができます

身近な製品の使いにくい部分などを浮かび上がらせ、より良いプロダクトデザインに反映していこうといった目的がある。

1





LuvShmmyさん

「衣・食・住」に関する事を中心にまとめます。日々のライフスタイルが少しでも楽しくなってもらえたらと思ってます。。。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう