1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

職場の人間関係を悪くしないための会話術!会話のルール

職場の人間関係を悪くしないためには、普段のコミュニケーションが大事です。コミュニケションを取る・取らないの他に内容が問われます。たとえば、否定的な表現の多い人は評判が悪くなります。否定的な表現を聞かされても、愉快な気持ちにはならないからです。職場の人間関係を悪くしないための会話術をご紹介します。

更新日: 2015年05月06日

junior_さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
673 お気に入り 121819 view
お気に入り追加

▼ 丁寧な言葉を使う

丁寧な言葉を心がける事で好感を得る事はできます

正しい言葉遣いができない相手に対しては、マイナスの感情を

正しい敬語で話し掛けられると、人は大切にされていると

適切な敬語が使えないと、困ったことになる

ビジネスシーンで適切な敬語が使えないと、仕事の内容に入る以前に、あなたの人間性や信頼性まで疑われる可能性もあります

▼ 要件を伝える前にひと言入れる

人に要件を切り出す前には、ひと言はさみたい

出典できる大人のモノの言い方大全

「いま、お時間ありますか」「少し話をしていいですか」

出典できる大人のモノの言い方大全

「今、お時間ありますか?」「少し、お話をしてもよろしいですか?」「3分ほど、よろしいでしょうか?」などと断りを入れる

「今お時間よろしかったでしょうか」はNG

さまざまなシーンにおいて、

▼ 依頼するときは、相手が選択できるような言い方で…

「○○してください」と伝えると、どうしても命令口調に

命令口調で頼みごとをされると、不快に感じる場合もあります

「○○していただけますか?」に変える事で、相手に判断を委ねる

お願いをするというのは相手に対する配慮を態度と言葉で伝えつつ、一方で相手に気持ちよく受け入れてもらえるように努力が必要

▼ 否定は肯定に置き換える

否定語を使うと、円滑な会話がとぎれてしまう

出典できる大人のモノの言い方大全

1 2





junior_さん

「読んでよかった!」と思ってもらえるようなまとめを作成したいと思います。

Twitter⇒http://ow.ly/QjbNY



  • 話題の動画をまとめよう