1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

誰もが一度は憧れる?「ホテル暮らし」ってどんな感じなの?

長い期間じゃなくても良いからホテル暮らしってしてみたくありませんか?でも、それにはどんなメリットやデメリットがあって、どれくらいのお金が必要なのでしょうか?ホテル暮らしについてをまとめてみました。

更新日: 2015年06月17日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
178 お気に入り 338668 view
お気に入り追加

▼誰もが一度は憧れる「ホテル暮らし」

「1年の半分以上はホテルで過ごしています」
「普段はホテル暮らしですが」とか言ってみたい。

「ホテル」暮らしというスマートでかっこいい都会的な響き。

▼みんなもそうみたい!

あと10年くらいコレクションに囲まれた生活したら必要最低限以外すべて売り飛ばしてホテル暮らししたい

ホテル暮らしがしたいのに余裕のない生活を送らなくちゃな現状に病んでしかいない

▼「ホテル暮らし」の魅力、メリットとは?

敷金、礼金はもちろん不要。
アメニティも毎日清潔。

衣食住のサービスが揃っていて、無駄がない
 光熱費やアメニティ代込みで、更新料などの雑費も不要
 生活臭がなく、非日常的な特別感を味わえる

最小限のモノで生活できる為無駄が減りシンプルな生活ができる。

▼部屋の掃除や片づけもしないで済むのは嬉しい!

駐車が苦手なら、いつでも駐車係に頼むことができる。

▼日常から切り離され、自分自身を見つめることも出来るみたい!

▼もちろん、不便なことやデメリットもあります。

冷蔵庫が小さい、キッチンがない、大浴場がないなど「あればいいのに」と思うことも多いようです。

機械的でカスタマイズができないので窮屈
 部屋によっては窓が小さく、空気がこもりがちに
 生活感のなさが逆に淋しく感じることもある

生活の場として考えると、愛着感やどこか不足しているものが多い

洗濯機あるとこもあるが、干すスペースもない。
気に入った家具もなければお客に対するお茶やコーヒーの茶器もない

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう