1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

チャンスを絶対につかむ人になるための"7つ"の方法

仕事・恋愛・人生…。名言やことわざで語られるように、成功するためにはチャンスをモノにすることがとっても大切。しかしチャンスを確実につかまえる人とつかまえられない人がいるのも事実です。そこでチャンスをつかむための準備や方法をまとめます。チャンスをつかまえるには特別な技術は必要ない!?

更新日: 2016年02月12日

springspringさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1854 お気に入り 167989 view
お気に入り追加

◆古今東西、チャンスに関する名言やことわざは多い

チャンスをモノにすることが人生における成功の秘訣。

チャンスに恵まれなければ、有能な者もその力を発揮できない

※福沢諭吉「学問のすゝめ」(檜谷昭彦訳)より

人生とはいかにチャンスを拾っていけるかだ

※アルベルト・ザッケローニ元サッカー日本代表監督

幸運の女神には、前髪しかない

※【英語】Seize the fortune by the forelock.

◆しかし、残念ながらチャンスをつかめない人も多い

成功を収めるためには「努力」も大事ですが、それだけでは足りません。自分に巡ってくる数少ない「チャンス」を確実につかむことも、努力と同じくらい欠かせないことです

世の中にはチャンスをつかめる人とつかめない人がいるのも事実です。もし、あなたがつかめていないとするならば、それはあなた自身に何か問題があるのかもしれません

◆そこで…

▽チャンスを絶対につかむ人になるための"7つ"の方法

1. チャンスをつかむ人は"はっきりした目標や夢を持っている"

「私にはチャンスがなかった」という人も多いかもしれませんが、実は目の前にあるチャンスに気づけず、みすみす逃してしまっていたのかも…。

"はっきりした目標や夢"を持てば、どれが自分にとってのチャンスなのかが、必然的に明らかになるはず。

目標や夢をしっかり持っていないと、自分がやりたいことを実現させるチャンスが来たことにさえ気付かないのです

「何でもない現象の中に、素晴らしいチャンスが潜んでいます。しかし、それは、強烈な目的意識を持った人の目にしか映らないものなのです。目的意識のない、うつろな目には、どんな素晴らしいチャンスも見えることはありません」

※京セラ創業者 稲盛和夫氏の言葉

チャンスは何回も来るものではありません。だからこそ、どれが自分にとってのチャンスなのか見極める目を養っておきたいものです

2. チャンスをつかむ人は"準備をしている"

"はっきりした目標や夢"を思い描ければ、そこから逆算してチャンスが訪れたときに何をすればよいか、どんな準備をしておけばよいかが分かるようになります。

何らかのチャンスが目の前に訪れてから「さて、どうするか」などと悠長に考えているようでは、間に合いません

チャンスをモノにしている人は「必ず自分のところにもチャンスが来る。それを絶対逃してはならない」と常に強く意識し、そのときのために備えています

チャンスが現れてから、努力するのではありません。チャンスが現れる前に、努力するのです

3. チャンスをつかむ人は"自分から行動をしている"

チャンスに出会うための近道は自分から動くこと。ただ待っているだけではダメ!

チャンスは"待っているだけ"ではダメです

チャンスを逃さないためには、待つだけではなく自分からチャンスを探しに行く姿勢を持たないといけません

「もしチャンスが到来しなかったならば、みずからチャンスを作り出せ」

出典サミュエル・スマイルズ

※英国の作家・医者サミュエル・スマイルズ氏の言葉

4. チャンスをつかむ人は"すぐ行動をしている"

例えば何かよいアイデアがあったとしても、実際に行動に移さないと、それはアイデアのまま。チャンスをつかむ人は"すぐ行動"をしています。

チャンスをつかめない人には、ある決まった習慣があります。それは「後でやろう」「いつかやろう」といった、いつも行動を後回しにする習慣です

1 2







  • 話題の動画をまとめよう