1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

有村架純に北川景子も・・かつてオーディションに落ち続けた女優たち

今では、有名女優として活躍している女優にも、オーディションで落ち続けた女優もいます。最近、大ブレイクしている有村架純も北川景子もそうです。そんな女優(アラサーぐらいまで)を7人+子役1人を抜粋し、女優を目指した理由やデビューまで、そして転機となったオーディション・作品等を紹介します

更新日: 2015年06月18日

yuyu170823さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
186 お気に入り 518635 view
お気に入り追加

■今では有名な人気女優だが、かつてはオーディションに落ち続けた女優も多い

今や有名になった若手女優(アラサーまで)だが、オーディションに落ち続けた過去をもつ女優(7人+子役1人)の苦労とその転機は?・・年齢順に記載しています

今、テレビドラマや映画、舞台で活躍している俳優・女優のそのほとんどは、オーディションに受かり、その出演を勝ち取っています。それは、名の知れた役者でも同様です。

いくつもいくつもオーディションを受け、落ち続けるがあきらめず頑張った女優

●苦に感じた女優もいれば、結構前向きに考えていた女優もあり、あきらめない姿勢が成功を勝ち取っている

■水川あさみ(31)・・・13歳でCMデビューするも、その後2年近くオーディションに落ち続けた過去をもつ

本名:水川啓子
出身:大阪府
誕生日:1983年7月24日
身長:163cm
体重:非公表
スリーサイズ:B82-W58-H84cm
カップ:Dカップ
血液型:AB型
職業:女優
特技:クラシックバレエ、書道
デビュー:1996年~旭化成「ヘーベルハウス」のCM
学歴:茨木市立平田中学校 堀越高等学校

クールで無表情な役や、さばさばとした姉御的なキャラクターを演じることが多いが、水川自身はおしゃべり好きであり、現場のムードメーカーである

小学生の時、ドラマ「家なき子」をみて同年代の俳優の活躍に刺激された。「私もこういうことがしたい」と母親に相談し、13歳で知り合いの紹介で芸能事務所へ入ったという。

●その後、すぐ1996年~旭化成「ヘーベルハウス」のCMでデビューするが、そこからが厳しい状況に

水川あさみは「実家のある大阪から東京まで通い、CMやドラマのオーディションを受けまくっていたのですが、落ちた記憶しかないほど不合格続きでした」と語っている

わざわざ大阪から東京まで行って、受けるオーディションをことごとく落ちて2年・・・・。ようやく、合格したのがこの映画だった。
(主演は堂本剛で、この映画で共演し2人は仲が良い)

「あたしダメかも・・・。」と諦めかけかけた2年後の15歳映画「劇場版 金田一少年の事件簿 上海魚人伝説」のオーディションに合格し女優デビュー

そして高校入学と同時に上京、本格的に活動を開始する

デビュー当初はホラー作品への出演が多かった水川あさみ。大河ドラマや恋愛ドラマなどでの高い演技力が評価され、コメディからシリアスな役までできる万能女優と称されるようになります。

主人公の浅井3姉妹の1人、初を演じる。代表作は多数あるが、女優として転機ととなった作品・・・仕事が順調になり出演作も与えれらてきたため、一体何を自分は目標にしていいのか分からなかった。何となく不安を抱えたまま、20代が過ぎていこうとしていた。そんなときに出会った作品が本ドラマだという

転機となったのが、NHK大河ドラマ「江 〜姫たちの戦国〜」だ。1年間、一人の人物の役を幼少期から実年齢を通り越すまで演じたのは初めてで、役と向き合う時間が長かったのもあり、役と自分との距離が縮まった気がして、そのことが大きな出来事だったという

■平愛梨(30)・・・デビューは順調も..上京してから8年間芽がでず、たくさんのオーディションを落ち続けた

本名:平 愛梨
生年月日:1984年12月12日(30歳)
出生地:兵庫県明石市
身長155 cm
血液型 O型
スリーサイズ:B85-W58-H88cm
カップサイズ:Dカップ(推定)
足のサイズ:22.5cm
デビュー:1999年
特技:ピアノ、クラシックバレエ、琉球舞踊
所属:ヴィジョンファクトリー

●6人兄弟の大家族の長女。貧乏なイメージが強いが、実は父親が明石などに別荘を5つ所持してるお金持

その天然っぷりで、女優業ばかりでなくバラエティー番組の露出が増えてきた平愛梨さん

1999年、歌手の安室奈美恵に憧れ、毎日放送のオーディション番組『チャンスの殿堂!』のDA PUMP ISSAの妹役オーディションに応募。8,000人の応募の中からグランプリを受賞し、芸能界デビュー

平愛梨は「東京に出てきて8年。毎日レッスンをしながらたくさんオーディションを受けていましたが、1年に1回、映画やドラマに出る程度の生活で、このままでいいのかな、資格でも取って次の人生を考えた方がいいのかな、なんて思ったりもしていた」と語っている

愛梨さんも自身のブログに書いていますがドラマや映画に出るためのオーディションを沢山受け、そして落ち続けたという

特に2004年~2006年までドラマ出演は1本のみ(しかも3年B組金八先生第7シリーズ 第11話のみ)

【当時23歳のインタビュー】
私は兵庫県明石市から14歳で出てきまして、今年で23歳になります。上京して9年経ちました。事務所の社長さん含め、周りの皆さんに毎月お給料をいただいている中でレッスンにも行かせてもらって、なに不自由なくさせていただいているのに、オーディションを受けても落ちたりしていたので、本当に申し訳ないという気持ちと「どうすればいいんだろう」という気持ちがずっとあったんです

2008年に『20世紀少年』の ヒロイン役のオーディションに背水の陣でのぞんだ。オーディション前には「後悔しないように」と、腰まで伸ばし続けてきた髪を40センチ以上バッサリと切った

総勢3000人の中からグランプリを獲得し、見事ヒロインの「遠藤カンナ役」を勝ち取りました。そこから、一気に知名度アップし、女優業からバラエティまで多くの出演依頼がくるようになる

■貫地谷しほり(29)・・2007年朝ドラ主演女優も50社以上オーディションに落ちた過去がある

本名:同名
よみ:かんじやしほり
愛称:しーちゃん、しほりん、貫ちゃん
誕生日:1985年12月12日
星座:いて座
出身地:東京
血液型:A型
身長:156cm
バスト:推定Eカップ
特技:トランペット、着付け
所属事務所:アジア ビジネスパートナーズ
デビュー年:2002年映画「修羅の群れ」
学歴:大妻女子大学文学部中退

●「貫地谷」という名字は大変珍しく、本人の家族及び親戚合わせても全国で6世帯しかない

演技派女優として有名な貫地谷しほり。2007年、NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』のオーディションに合格し、同作で初主演を務めている

「中学生のときにスカウトされて、芸能界に入ったものの、オーディションに落ち続けて、もう嫌だって泣いてました」と語っている

太眉で片方の眉毛にハゲがあり「君、そんな眉毛じゃ女優になれないよ」といわれたこともある

若いころは仕事がなく手当たり次第にオーディションを受けまくったという。”50社以上受けたはずなのに落ちまくった”と告白しています

●芸能事務所に入った彼女だが3年間ほど仕事が無く、高校に通いながらオーディションを受け続ける日々が続いた

1 2 3





yuyu170823さん

「ドラマ」関連のまとめを主に、芸能・スポーツ・社会ニュース・健康関連までまとめています



  • 話題の動画をまとめよう