1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

火事やヤケドも?夏はスマホの異常発熱に注意!

スマホを肌身離さず持ち歩く時代ですが、異常発熱という危険があるようです。特に夏の直射日光の威力はすごいですから注意して使いたいものですね。

更新日: 2015年06月22日

蜜柑丸さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
110 お気に入り 93445 view
お気に入り追加

◆スマホは発熱するパーツの塊

バッテリーやプロセッサ、液晶画面だって発熱します。

スマートフォンは、CPUや解像度、描画速度が向上した反面、発熱も増加している

スマホを構成する部品は、液晶ディスプレイ、プロセッサ、メモリ、バッテリー、いずれも発熱するモノばかりです

◆スマホの異常発熱に注意!

スマホの機能が落ちるだけでなく、火事やヤケドの危険まであるんです。

「最近、なんだか本体が熱くなるんですけど夏場は大丈夫かな? 」というスマートフォンユーザーも多いだろう

国民生活センターによると、スマートフォンの発熱や充電部の熱損による相談が急増している

・スマホの機能が落ちてしまう

スマホの保護機能が働くためらしいです。

スマホは本体を保護するために、本体が一定の温度を超えると、機能を制限して利用を強制的に止めるようになっています

猛暑日ではカメラが使えなくなるなんてことも。

・バッテリーの劣化にもつながる

自ら発熱するパーツのくせに熱に超弱いんです。厄介ですね。

バッテリーは熱に弱く、過剰な熱がバッテリーに加わると超劣化します。毎日スマホのゲームをして電池を使いまくることの比ではありません

バッテリーメーカーのリチウムイオン電池に関する技術資料によると、充電時は「0度~40度」放電時は「0度~60度」がバッテリー寿命のための推奨温度範囲と定められている

意外とシビアな基準ですよね。

ここ最近急速にスマホのバッテリー劣化してる気がする

スマホのバッテリー劣化してんのかしら。すぐ充電無くなるんだけど

・事故も起きている

中には充電中に布団が焦げたなんて人も。

スマートフォンの発熱や充電部の熱損による相談が急増しており、平成21年4月〜25年12月にはやけどが75件も報告されたそうです

中には充電中に布団を焦がした、通話中に発熱中して頬を低温やけどしたなど深刻な事態につながりかねない事故も発生しているそうです

これは恐ろしい。

昔使ってたスマホ電源つけて充電しっぱなしでほってたら冗談抜きでやけどするぐらい熱なってた(笑)

・特に夏は危ない

自分だけでなくスマホも涼しいところに置いてあげましょう。

炎天下では、外気や日光の影響で簡単に温度が上昇するので“スマホが熱中症”のようにトラブルに見舞われる可能性も上がります

冬の間は周りの気温が低いため、バッテリーの熱も下がりやすく上がりにくいのですが、夏のような外気温が高くなる季節はバッテリーの劣化を早めてしまう季節です

あまり熱を持たないのが長所の我がスマホが最近熱持つようになってきたから夏は害悪

1 2





海外、医療・福祉、サイエンス、生活の知恵、スポーツなどを中心にまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう