1. まとめトップ
  2. カラダ

そんなところまで変わっちゃうの?恋愛が体におよぼす影響とは…

恋は人を変えるとよく言われます。恋愛はその人の性格や行動に影響を与える一方で肉体的にも影響を与えていることがあるようです。恋愛が体に与える影響についてご紹介します。

更新日: 2015年07月03日

かげとりさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
685 お気に入り 469027 view
お気に入り追加

◆恋は人を変える…よく言われることですよね

人は恋することで明るくなったり行動的になったり変化が見られるようになります。

心と体はつながっていると言われますが、実際に恋愛は人の体にどのような変化をもたらすのでしょうか?

人は恋をするとどことなく雰囲気が明るくなったり、いつも以上に行動的になったりなど、行動や性格に変化が表れるといいますよね。

◆甘みを強く感じるようになる

傍から見ていても甘~いカップルたち。

実際に何か口にしたときに甘みを強く感じるらしいです。

研究チームによれば恋愛により脳の特定の部分が活性化するため、実際よりも強く甘みを感じるのではないかと考えているんだそうです。

いつも見つめ合いながら愛をささやき、年がら年中、恋愛モードでいるカップル

恋をしているひとは、嫉妬している人や幸福なひとにくらべ、ただの水をより甘いと感じることがわかったのです。

また別の被験者に集まってもらい、恋をしているか嫉妬をしているか確かめた上で甘いお菓子、酸っぱいキャンディー、ビターチョコを食べてもらいどう感じたか調査

自身の恋愛やジェラシーに関するエッセイを書いてもらい、中立的な内容だった被験者にも対照群として実験に参加してもらった。

“恋について”作文を書いた学生たちにさまざまな食物や飲物を与えたところ、何でも「甘く感じた」という結果が報告されたそう

研究チームによれば、ひとは恋をすると、甘さを感じたときと同じように脳の特定の部分が活性化するため、実際よりも強く甘みを感じるのではないかと考えています。

◆怪我が治りやすくなる

体調が悪いときに好きな人がそばにいてくれるのは心強いもの。

実際に仲の良いカップルと険悪なカップルではケガが治癒するまでの時間に違いが出るといった研究結果があります。

病気やけがをしたときに愛する人がそばにいてくれる――。それはほんとうに心強いことだといえるでしょう。

「仲の良いカップルと、険悪なカップルでは水ぶくれの治りが平均して2日違った」というものです。

ケガが治るまでにどこで恋愛の力が働いているのでしょうか?残念ながらはっきりとした理由はわかっていません。

パートナーとの関係が良好な時と悪化している時で、外傷が治癒するのにかかる時間に違いがあるというのは、ちょっと驚き

◆肌がプルプルになる

「恋する女性はキレイになる」

よく言われる言葉ですが、実際に人は恋することで、細胞が若返る効果があるみたいです。

「女は恋をするとキレイになる」とよく言いますよね。

イタリアのエンゾ・エマヌエレ博士らが行った実験の結果によると、恋人がいない独身男女に比べて、最近恋に落ちたカップルたちの「神経成長因子」の血中濃度が上昇していたことが判明

さまざまな細胞の抹消部分に電気信号を発して情報をやりとりし、若返りに一役かってくれるのです。

女性ホルモン「エストロゲン」は恋をすると分泌が増えることが知られています。

このエストロゲンは、女性らしいボディーラインや、つやのある肌を作るために重要なホルモンです。

1 2





どうでもいいことからちょっぴりためになるような事をまとめていきたいと思います。
よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう