1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

満を持して日本に上陸した「Apple Music」で出来ること

iOS8.4の配信と共に、日本でもサービスが開始されたAppleが満を持してリリースした「Apple Music」。数百万曲クラスの楽曲をストリーミングによって再生したり、「For You」や「Connect」や「Radio」など、これまでになかった新たなサービスも追加されています。

更新日: 2015年07月01日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
225 お気に入り 112759 view
お気に入り追加

■満を持して登場した「Apple Music」

米国時間の6月30日に100以上の国でサービスを開始し、米国の料金は月額9.99ドル(最初の3カ月は無料)──と発表していた

日本での詳細は明らかにされていなかったが、米国と同時にスタートすることになった

■そもそも「Apple Music」ってなに?

Apple Musicは、音楽聴き放題、24時間配信の音楽専門ラジオ番組、楽曲を配信するアーティストとのコミュニティ機能が利用できるサービス

Apple Musicのメンバーになると、Apple Musicカタログにある数百万もの曲から選んで再生したり、後で再生できるようにオフラインで保存したりできます

利用料金は以前に情報が流出した通り、980円/月で、最大6人で利用可能なファミリーメンバーシップは1,480円/月となっています

■Apple Music で何が変わったの?

アイコンのデザインが変わった

今まで慣れ親しんできた、「ミュージック」が今回のアップデートで大きく生まれ変わりました

色々な音楽が聞ける

Appleによると「数百万もの曲」をアーティスト名などから検索して再生することもできる

Taylor Swiftの『1989』や、Museの『Drones』、Son Luxの『Bones』などヒット作や最新作も聴取できる

登録画面では3000万曲以上と日本語で表示されており、日本向けにもそれだけのラインナップが用意されていると思われます

ラジオが聞けるようになった

radioをタップすることで、世界中でオンエアされているBeats 1を楽しむことができます

音楽、インタビュー、独自のラジオ番組を聴いたり、Appleのエディターが作成したラジオステーションを聴いたり、好きなアーティストまたは曲から独自のステーションを作成したりできます

好みの曲をオススメしてくれるようになった

Apple Musicを利用する前に、自分の好きなジャンル、嫌いなジャンルを登録しておけば、Apple Musicが自動で曲を「おすすめ」してくれます

自分が何回も聴いている曲や歌手、お気に入りに登録した曲などをもとに、さらに新しい楽曲を「おすすめ」する機能が備わっています

Apple Musicのメンバーになると、Apple Musicカタログにある数百万もの曲から選んで再生したり、後で再生できるようにオフラインで保存したりできる

アーティストとの交流が可能に?

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう