1. まとめトップ
  2. カラダ

みんなが絶対に誤解している『ヒステリー』についての雑学

女性のヒステリーより男性のヒステリーの方がよっぽど怖いです(´Д⊂ヽこのまとめではヒステリーは心の病気ではない、ヒステリーが生きるのに役立っているということをまとめています。

更新日: 2016年03月23日

kokeko327さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
171 お気に入り 77928 view
お気に入り追加

一般的になった『ヒステリー』という言葉

ちょっとした偏見もあるような、ないような?

「キーッ!!」と怒り狂っている状態や、感情がたかぶって激情している状態、物を投げたり壊したり、といったように、まさに発狂しているのかとも感じられる様子ですよね。

朝からヒステリーなお母さんに怒られる小学生を見た。思わずベランダ出てまで見てしまった。

ヒステリー女にヒステリー男。 今日はそんな人に理不尽に怒鳴られる日。 早く今日が終わればいいのにー。

バァちゃんが床壁ドンしまくったり、もの投げたりしだす行為を私はヒステリックとよんでいる

ヒステリックという言葉も良く使われるようになりました。

実は。。。ヒステリーは自分の身を守るためにあるものだった!

ヒステリーというのは、精神的な許容量のコップが溢れたときに起こるもので、そのままでは精神が破綻しそうなとき、喚いたり泣いたりという異常行動を起こして、現実からとりあえず逃避し、人は心のバランスを取り戻そうとする

動物でも危険を感じると突如として、奇怪な反応を示すことがありますが(スカンクの威嚇や、タコの墨吐きなど)、それらと同様、ヒステリーは、人間が危機から脱するための一つの行動

女性の脳は、思ったことや感じたことをすぐに言葉に出さずにはいられないようにできているのだそうです。だから女性がヒステリーを起こしやすいという結論に至るワケ!

ヒステリーは一見すると「心の病」のように誤解されやすいですが、その発症原因は脳科学で説明されています。

人間の脳には、理性を司る「大脳」と呼ばれる部位があり、その大脳は 左側にある「左脳」と右側にある「右脳」とに分かれています。

女性の方が脳梁が太く、「感情・感覚を司る右脳」と「言語中枢がある左脳」との間で 情報交換量が多い。

左右で多くの情報交換が行われる女性脳は、一度キレてしまうと情報処理が追いつかず脳がパンク状態に陥る。

キレなきゃいいんですよ(適当)

ヒステリーがあるから私たちは生きていられる

感情的になるってそんな悪いことじゃない。自殺するよりは!

ヒステリーとは「広い視野で多くのことに気が付ける」という、家庭を守る上で無くてはならない能力を得るのと引き換えに、女性が天から与えられてしまった 言わば副作用のようなもの。

あるため、男性にヒステリーを起こす人が少ないからといって良いかというと微妙。。。

男性には、「感情をさらけ出すことは恥ずかしいことだ」という社会通念があり、ヒステリーを起こしにくいのですが、一方で、精神的に逃避する手段を持てず、精神崩壊の危機に耐えきれなくなったときに突然、自殺という手段にでてしまう……そんな方が圧倒的に男性に多い

そう考えると、「ヒステリーを起こすこと」も、人間にとっては一つの大切な防御本能だと言えそうです。男性も「精神的にいっぱいいっぱい」になったときは、我慢せずにヒステリーを起こしてみるのも時には良いのかも

でも、ヒステリックな人はハッキリ言って嫌われやすい

キレる場面じゃないところでキレたり、話が通じなかったり。これじゃ自分から人が離れて行って当然!

いくら仕事が出来たとしても「いきなり不機嫌になる女」「ヒステリー女」には誰も味方しない

「もともと情緒不安定だったけど、結婚して気持ちが安定したら治ると思っていた。結婚したら余計に悪化した」

ヒステリーは自分で改善しようと思わない限りなおりません。なた、自分で改善しようと頑張ってもなかなか直すのは難しいともいえます。

1 2





kokeko327さん

自分の気になることや好きなこと・ものについてのまとめが多いです(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
よろしくお願いしますー

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう