1. まとめトップ
  2. ビジネススキル
1298 お気に入り 409613 view
お気に入り追加

道具はあなたのやる気を最大限に引き出してくれる

時間に追われることの多い社会人生活を送る中で、仕事ができる人ほど時間を効率良く使うアイテムを知って、上手く使っているように思います

料理人や大工さんたちは、なぜ道具を選ぶのでしょうか?それは良い道具を使うことで自分の仕事をやりやすくするためですよね。

文房具は安いものでなく、高級なものに変えるとやる気が出やすいです。人間の「元を取ろう」とする心理を逆手に取る方法です。

持つだけで書きたくなる 学生から社会人まで信頼の一本

適度な重量感と持ちやすいラバーグリップ、シックで美しいボディと豊富なカラー展開…書き心地のほかにも魅力的なポイントがいっぱいです

低粘度のインクで、なめらかな書き味をウリにした油性ボールペンのシリーズ。書き味や速乾性を武器に、今では年間1億本以上を売り上げる筆記具界のお化け商品だ。

同じジェットストリームでも、それぞれのペンが微妙に違うので、用途や好みで使い分けるのがおすすめです。

自分を特別にする超高級ボールペン

万年筆2万4,150円、ローラーボール1万5,750円、油性ボールペン9,450円、ペンシル9,450円、4色油性ボールペン1万,500円

クリップの性能だけで全てを度外視出来るのに・・・・さらに高性能、高コスパ

ノックのたびピストンが加圧室を押しつぶしてリフィル(中芯)に圧縮空気を送り、インクを押し出します。
速書き、上向き書き、湿った紙への筆記でもインクがかすれずくっきり書けます。

ワイヤークリップの左右の長さが違っています。
この左右の長短と高さをずらしたワイヤーは、取り付けられるとねじれの反発力で強いバネの働きをしています。
バネ力で紙一枚から厚いバインダーまで留められる、頼もしいワイヤークリップです

出典 エアプレス | 株式会社 トンボ鉛筆
http://www.tombow.com/products/airpress/

安くても高性能の大発明

書き出しが良くなめらかに濃く書ける、新開発の油性インキ「アクロインキ」

インキには潤滑剤も配合し、ペン先のボールの回転がよりスムーズになるよう工夫を施しました

シャーペンの常識を変えた新機能

書く度に芯が少しずつ回転していく事で、芯の片減りを低減させる機構を備えた三菱鉛筆のシャープペンシル『クルトガ』。
発売されるや否や大評判となりましたが、三菱鉛筆のイギリス子会社の作った動画が海外でも評判になっていました。

さらにシャーペン市場の革新が面白い

1 2





tkfreeさん



  • 話題の動画をまとめよう