1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

結局どうすればいいの?女性のクールビズで注意すべき点とは

男性のクールビズはとてもわかりやすいのですが女性のクールビズっていまだによくわからないものですよね。結局いつもとあんまり変わらないとか意識していないといった人も多いのではないでしょうか?女性のクールビズって結局どうすればいいのでしょうか?

更新日: 2015年07月25日

かげとりさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
175 お気に入り 161506 view
お気に入り追加

◆女性のクールビズってしっかり出来ていますか?

男性は「ノーネクタイ、ノージャケット」が一般的なクールビズ。

しかし、女性のクールビズっていまだによくわからないですよね…。

結局いつもとあまり変わらないといった方も多いのではないでしょうか?

女性のクールビズって結局どうすればいいのでしょうか?

見た目も体感上も涼しげな女性のクールビズは、エコの観点からもとても大切です

涼しくといって露出が少し増えるだけで職場にふさわしくない

女性は普段ネクタイをしているわけではないので、どういう洋服がクールビズにふさわしいのか曖昧な部分があります。

女性が職場でできるクールビズは一体どんなものがあるのでしょうか。

▼トップスは胸元が開き過ぎていないかを要チェック

トップスは胸元が開きすぎていないかチェック。
正面からだけではなく上からも覗き込んでみるようにしましょう。

また半そでを着る場合、袖口から下着が見えないかも必ずチェックしておきましょう。

シャツをラフに着崩す場合は、鏡で正面を確認するだけでなく、上から覗き込んで見え方をチェックしましょう。

涼しい恰好といっても周囲がヒヤヒヤする格好はNGです。

シースルーの素材もオフィスに着ていくには不向きなので注意しましょう。

肌の露出が多い服装は、だらしない印象になり、また男性社員に必要ない刺激を与えかねません。

シースルーなどの素材は、オフィスには不向きなので、パーティーの日までとっておきましょう。

職場で肩を出している人は男女問わずなかなか見かけませんよね。

どうしてもノースリーブが着たいのであれば上にカーディガンを羽織るなど工夫をしましょう。

「肩くらいで大げさな」と思う女性もいるだろうが、男性が仕事の場で肩を出すことはない。

通勤やアフター5にノースリーブが着たいのなら、ノースリーブの上にカーディガンを羽織るという手もあります。

カーディガンをジャケット代わりとして使うこともできますので、ぜひ一枚持っておきましょう。

インナーの着替えを用意するようにしましょう。

営業職の女性だと訪問先に入るのは着替えてからという人もいます。

トップスの下に着るためのキャミソールの着替えを持参したり、デオドラントシートを持ち歩いておきましょう。

訪問先に入る前にコンビニエンスストアなど冷房のきいたところで涼んで、カットソーなどを着替える営業職の女性は多い

1 2





どうでもいいことからちょっぴりためになるような事をまとめていきたいと思います。
よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう