1. まとめトップ
  2. 雑学

起こすのは待って…その夜泣きってもしかしたら赤ちゃんの寝言かも

赤ちゃんの夜泣きは子育て中のママにとっての大きな悩みのひとつです。ようやく寝付いたと思ったのに、夜泣きが始まると何をやっても泣きやまない。精神的にも肉体的にも負担が大きいものですよね。しかし、もしかするとそれは”寝言泣き”といわれる赤ちゃんの寝言なのかもしれません。

更新日: 2015年07月29日

かげとりさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
559 お気に入り 319094 view
お気に入り追加

◆子育て中のママが悩まされる赤ちゃんの夜泣き

朝3時に夜泣きで起こされました。。またも睡眠時間3時間なう。連勤最中の寝不足はきついんだけども(T ^ T)がんばらないとー

息子の夜泣きで旦那も起きてくれて、息子が寝た後もそのまま1時間くらい音楽について熱く語っていた笑 2人とも寝不足…眠たい

うーん(-_-;)胃腸炎なのか、疲労なのか、連日の夜泣きの寝不足なのか、夏バテなのか、今日は体調不良で寝たきりだ…(;つД`)やる事たくさんなのに(涙)

◆どうやっても泣きやまないと体力的にも精神的にもつらいですよね

ようやく寝付いたと思ったのに今度は夜泣きを始め、なにをやっても泣きやまない…。

ついイライラしてしまったり、自己嫌悪に陥ってしまうママさんも少なくないのではないでしょうか?

いつかは終わると頭の中では分かっていても、寝不足が続いてくると体力的にも正直しんどいですよね。

当たり前のことと感じながらも、体力が追いつかずに目の下にクマをつくる人が多いのではないでしょうか?

◆そんな赤ちゃんの夜泣きですが”寝言泣き”という言葉を知っていますか?

しかし、そんな夜泣きの中に”寝言泣き”というものがあります。

簡単にいうと大人の寝言と一緒で言葉の喋れない赤ちゃんが”泣く”というかたちで寝言を言うというものです。

赤ちゃんには特有の寝言泣きという現象があるのを知っていますか?

聞き慣れない言葉かもしれませんが、寝言泣きとは「赤ちゃんの寝言」なんです。

はっきり寝言をいったり、寝ている最中に突然大きな声をあげたり…… というのは大人でもあること。

大人は言葉を喋れるので、”寝言”という形に出るのですが、赤ちゃんはまだ言葉が喋れません。

赤ちゃんの場合、これが、「体ビクッ・手足バタバタ」や、「寝言泣き」になります。

◆人間の眠りは2種類の睡眠で構成されています

睡眠は一般的に”浅い眠り”と言われるレム睡眠と”深い眠り”と言われるノンレム睡眠の2種類で構成されています。

この2つの睡眠が訪れる周期は大人だと90分~120分、赤ちゃんだと40分~60分だと言われています。

レム睡眠とノンレム睡眠の事を、分かりやすく「浅い眠り」と「深い眠り」というふうに呼ぶ事もあります。

浅い眠りは、大人だと90~120分ごとにやってきますが、赤ちゃんだとこれが40~60分ごとになります。

赤ちゃんは自分では何も出来ません。そのため、自分の身を守る本能で眠りが浅いんですね

40~60分ごとに、「フェ~ン」と泣くのは、もしかしたら「寝言泣き」の可能性があります。

◆寝言を言うたびに起こされてしまったら安眠できませんよね

1 2





どうでもいいことからちょっぴりためになるような事をまとめていきたいと思います。
よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう