1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

意外とやりがち‥?「仕事ができない人」と思われる7つのNG行動

自分の能力や、職場での評価に悩むことがあります。自分では、何気ない行動をとっているように見えても、実は周りから「仕事ができない人」と思われることも。

更新日: 2015年07月29日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
803 お気に入り 242295 view
お気に入り追加

●「仕事ができない人」が周りにいることがある?

同じ職場に勤めていなくても、ふとした行動から「この人、なんだか仕事できなさそう」と思われてしまうことがあります。

イラッとするほど行動が遅かったり、教えたことを忘れていたり。

何も学ばず同じ過ちを繰り返すばかりの人もいます。

社会人を長年やってますと、自分なりの「人の判断の仕方」ってものができあがってきます。

・仕事ができない人は「自分目線」になりがち?

“仕事ができない”人に共通してみられるのは、“自分目線”が強すぎて、上司や先輩、取引先など相手側に立って考えられないことが主な原因

ことさら“できる人アピール”をしたり、周囲を見下したりして、自分で自分を評価する、ということを続けてしまうと、当然悪いスパイラルに陥ります。

・仕事ができないのは、自分自身のことを理解していないから?

実は「どうして、自分は仕事のできない人間なのか」ということを、あなた自身がキチンと理解しない限り、この問題は解決しません。

しかし、もとより自分自身のことを理解している人は少ないようです。そして、自分を理解できていないこと、それこそが仕事のできない原因だと、認識している人はもっと少ないようです。

●「仕事ができない人」と思われる7つのNG行動とは?

1.メモをとらない

覚えることがたくさんあると、簡単なことでもついうっかりしてしまうもの。「同じことを何度も聞く」のも先輩をイラつかせる

あるいはメモをとったとしても、仕事ができない人はメモを見直さなかったり、どこに書いたのかわからなくなったりします。

人間の記憶はあまりアテにはなりません。失念したり、いい加減な記憶をしていると、相手とトラブルを起こす原因にもなります。

2.マイペースで、人の意見を聞き入れない

マイペースはチャームポイントとしてとらえられることもありますが、周囲を振りまわすようなタイプはNG。

こういった人は『空気が読めず気が利かない』『人の気持ちがわからない』など、相手の考えや立場を察した行動ができません。

3.整理整頓ができていない

身の回りが散らかっていると、頭のなかの整理もできず仕事もうまく片付けられない人だと思われてしまいます。

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう