1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

桜色に金属のトンネルが染まる絶景が凄い「MIHO MUSEUM」

滋賀県の山奥にあるMIHO MUSEUM(ミホ ミュージアム)。あまり知られてはいませんが、ミシュランガイドに載っていたり、建築がルーブル美術館のガラスのピラミッドを手掛けた有名な建築家だったりと、結構凄そうです。特に桜の時期は、金属でできたトンネル内に桜のピンクがうつった美しい絶景が見事です。

更新日: 2016年04月09日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
884 お気に入り 102634 view
お気に入り追加

滋賀の山奥に「MIHO MUSEUM」という美術館があります

滋賀県甲賀市信楽町田代にある滋賀県の登録博物館。運営は、公益財団法人秀明文化財団。
常設展だけでなく、企画展も開催されます。
http://www.miho.or.jp/

焼き物で知られる滋賀県信楽町にある美術館で、2000点を超える収蔵品は、私立の美術館としては日本最大級。

MIHO MUSEUMには、知る人ぞ知る、日本美術、そしてエジプト、ローマ、ペルシャ、中国美術、またガンダーラなどの仏教美術etc、いずれも大美術館に勝るとも劣らない素晴らしい展示があります!

MIHO MUSEUMは、あのミシュランの三つ星観光地の一つに選ばれたそうで、海外からのお客様も多い

建築に評価が高いのが特徴

設計は、フランスのルーブル美術館のガラスのピラミッド、ワシントンのナショナルギャラリー東館などで世界的に知られるI.M.Pei氏による。

建物は周囲の自然環境に配慮し建築容積も80%を地中に埋没させるなど、自然を可能な限り残した設計になっています。

テーマは「桃源郷」

設計のテーマは桃源郷。道に迷った漁夫が仙境の楽園―桃源郷を見つけ出すという、陶淵明の「桃花源記」に描かれた物語を、信楽の地に実現しました。

美術館へは、桜並木道、トンネル、吊り橋、この3つをくぐり抜けて到着します。歩いて8分ほどの距離なのですが、そこはまさに異世界というか、独特の世界観が広がっていました。

特に美しいのが桜の季節

MIHO MUSEUMへ向かう道ではまずこの門がお出迎え。他の地域はほとんど咲いていないのにまだ咲いているというこの不思議。

しだれ桜は80本あるようです。

毎年、素晴らしいしだれ桜を咲かせてくれる知る人ぞ知る名所になっています。

春になると桜の名所となり、美術館を訪れたたくさん人で賑わいます。

中でも有名なのがトンネルの中から眺める桜の絶景!

桜並木の先にはトンネルがあります。

トンネルに入って振り返ると・・・

チタントンネルに入って振り返ると、
壁に桜並木のピンク色が映りこんでいて、綺麗でした。

美術館からの帰りは・・・

緑に溢れたトンネルに入ると・・・

まるで時空のトンネルのような空間を進み・・・

1 2





まとめるの、結構好きです^^
自分の興味のあること、
気になることを中心に、
ぼちぼちまとめていこうと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう