1. まとめトップ
  2. カラダ

ダイエット中も食べたい!太らないケーキの選び方

ダイエット中も甘いスイーツってやっぱり食べたい!でもケーキって砂糖やバターたっぷりで、高カロリーなのが気になりますよね。比較的低カロリーでなケーキ・スイーツを選んで、ストレスによるドカ食いやリバウンドを防止して、ダイエットを継続させましょう♪

更新日: 2016年06月03日

noho3nohoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
271 お気に入り 160715 view
お気に入り追加

ダイエット中でも食べたい、ケーキ!

女子の大好きなスイーツといえば、ふわっと甘くて見た目もキュートなケーキ。
でもカロリーが高く、ダイエットは控えたいところ。

甘くて美味しいケーキは、いくらでも食べられちゃいそうですよね。しかし、ケーキはカロリー高めのスイーツ。

バターに砂糖、生クリームにナッツ……と高カロリー材料の組み合わせで出来ているものも多く、ちょっと心配でもありますよね。

我慢のし過ぎは、リバウンドのもと

我慢のしすぎでストレスがたまってしまうと、結果的に暴飲暴食に走ることも......。

ダイエット中、スイーツやスナックを食べたくなる衝動がありますよね。でも我慢しすぎるのはストレスになって体によくないんです。

自分が食べたい!と思うものを食べられる喜びは心の安定につながり、ストレスを軽減してドカ食いを防ぐことにもつながります。

卵や牛乳がメインのスイーツを選ぼう

出典nestle.jp

たんぱく質の多い食品であるたまごや牛乳を使ったケーキ類は、プリン、シュークリーム(カスタード主体)、シフォンケーキ、クレープ、シンプルなチーズケーキなどです。

これらは比較的カロリーが控えめで、一つあたり200kcal前後のものがほとんど。

ダイエット中でも乳製品や卵が中心のケーキを選べば、栄養的な面からも優秀なおやつだと言えて、一石二鳥です!

スフレチーズケーキ

どっしり濃厚なニューヨークチーズは別にして、チーズケーキ類は総じてカロリー控えめです。

平均的なスフレチーズケーキのカロリーは95.4g(18cm型8等分)で252kcalのカロリー。

しっとりふわふわなスフレタイプのチーズケーキは
カロリーが低め。

カロリーが低いのは、スフレチーズケーキです。ただし、他のチーズケーキよりも食べ応えがないので、私はフルーツを添えて食べます。

果物を合わせて、栄養バランスも摂っちゃう!

シフォンケーキ

卵が多い配合で、大きさのわりに重量も軽く、食べ応えも十分。生クリームを少しつけながら味わっても大きめサイズで300kcal程度。

卵白の泡だてが命で、油分はサラダ油か溶かしバターを少量入れるだけなので、結果的にカロリーが低く比較的太りにくいスイーツ。

シフォンケーキはバターではなく、植物油を使っています。だから、とってもヘルシー。ショートケーキが300kcal以上するのに対し、シフォンケーキは200kcal前後。

もっと控えたい方はクリームを少なめにして食べるとよりカロリーダウン!

ローソンが力を入れている“ブラン”シリーズ。
糖質制限中にもおすすめのパンシリーズです。

ブラン生地でもふわふわの食感で、食べやすく仕上げているのが特徴です。

シフォンケーキにはサラダ油を使うのが一般的である。バターなどで代用することでカロリーオフに繋がる。

ロールケーキ

中に生クリームがたっぷり巻き込まれてはいるものの、フルーツが入っていたり、デコレーションがシンプルだったりと合計カロリーは控えめな事が多いです。

1カット200kcal前後のものが多いので、ダイエッターにもオススメです。

フルーツたっぷりで、生クリームが控えめなものなら大丈夫。特に旬のフルーツを使ったものは、体にいいですよ。

1 2





ダイエット、料理レシピ、100均系、インテリアアレンジ、ファッションなどなど、
色んな事まとめてます。
よければ参考にして下さい。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう