1. まとめトップ
  2. カラダ

適度な隙間があるのが理想?足の指を広げて、健康になろう♪

毎日毎日頑張っている足。でも、靴下にストッキング、ヒールやパンプスで足の指には負担をかけています。実は、足の指の力が落ちると、衝撃を吸収、分散出来ないって知っていますか?その結果、トラブルが出て来ることもあります。今日から足の指を広げたり、開いたりするストレッチを始めましょう!

更新日: 2016年04月09日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
326 お気に入り 93208 view
お気に入り追加

▼靴下、ストッキング、靴…。足指は窮屈な思いをしています。

毎日毎日頑張っている足。
でも、靴下にストッキング、ヒールやパンプスで
足の指には負担をかけています。

小さい靴や先の細くなったヒールのある靴などは、足の指が窮屈になって、靴の中で指が折れ曲がった状態になります。

つま先が小さいヒールなどをはく人ほど、指先が十分に動かせず、筋力が落ちていることが多い。

▼あなたの足指に適度な隙間はありますか?指は、真っ直ぐですか?

あなたの足の指に隙間はありますか?

足の指の間には適度な隙間があるのがベスト

隙間がない場合、足指が十分に使えていない可能性があります。

本来は親指は真っ直ぐなっています。それが、人差し指に向かって歪んでいると首や肩のコリ、頭痛を引き起こしてることがあります。

▼足裏のトラブルは、実は、足指の筋肉不足のせいかも!

タコや踵のガサガサ、外反母趾や魚の目、靴擦れや足の疲労などなど…。
足の指の筋肉が落ちていることが原因なのかも!

足の指が折れ曲がったままの状態になっているもので関節の背が靴にあたり、摩擦でたこができたり、指の腹に魚の目ができたりします

指の力が落ちると、衝撃を吸収、分散できない。力の弱い場所に衝撃が集まり、足の皮膚は対応しようとし、タコやガサガサに。

外反母趾の原因のひとつに、足の指が曲がり、足の筋肉をうまく使えていないことが挙げられます。

足裏の筋力は、足指を動かすことで保たれている。運動不足、合わない靴を履くことで、足指を使わない、あるいは使えないと、足指の機能は退化して、結果として足裏の筋肉が衰えてしまう。

▼足の指が痛いのってツライよね・・・。

今日いっぱい歩いて足の指痛い 小指の爪から血出てる

▼足の指を広げることは出来ますか?

足の指、開く?広げられる?
こんな指になってない?
●浮き指→足指が反り、地面についていない状態
●屈み指→合わない靴で指が折れ曲がっている
●寝指→指がねじれて、爪が横を向いてしまう状態

まずは自分の足指がどういう風になっているか知っておきましょう。自分自身の足指をチェックしてみてください。

動きが大きいということは、足の安定性→全身の安定性につながる

▼帰宅後、寝る前、ちょっとの時間、足の指を広げてみよう!

!!!こんなに開くか不安…

動かしにくくて固まっている指を目覚めさせよう。

指先に力を入れて歩いたり、走ったり、または押し出したり

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう