1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

今さらだけど知ってる?!スマホ充電を長持ちさせる基本のコツ

スマートフォンの普及率は伸び続けていますね。便利なのですが、充電切れに合うこともしばしばありますね。シンプルな充電節約のコツがあります。簡単なのでやってみてね iPhone・アンドロイド

更新日: 2016年05月25日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 9347 view
お気に入り追加

最近電池の消耗が早い・・・と思ったら?

端末の設定を変更するだけで、消費電力を抑えることができるって知ってましたか?

バッテリーのもちが違うことを実感できるかも!?さあ、今すぐ設定を見直してみましょう

空っぽ・・
スマートフォンは、使い方によってバッテリーの消費がかわります。

▼設定を変えて、充電を長持ちさせてね▼

Wi-Fi・Bluetooth 無線通信をOFFにしよう

Wi-Fi、Bluetoothをオフにする(「設定」>「Wi-Fi」)(「設定」>「一般」>「Bluetooth」)常時接続する必要がなければ、オフ設定にします。

Wi-FiやBluetoothなど、無線通信の設定を見て、日常的に使ってないものはオフにしておきましょう。

Wi-FiやBluetoothは接続していない状態でも、ONにしていれば待機してバッテリーの消費に繋がる

必要な時だけ使おう!
無線LAN経由でインターネットが出来る"Wi-Fi"はとても便利ですが、常に使うものでは無いものです。

対応機器を所有していない場合は、ONにする必要がないので切断しましょう。

画面の明るさを抑えましょう

画面の明るさを調節する(「設定」>「明るさ」)画面の明るさをできる限り暗い設定にします

バッテリー節約でよくあるのが、ディスプレイの明るさを下げる方法です。手始めに、この方法から実際に試してみました。

バッテリーは減っていますが、節約をしていない状態に比べるとだいぶゆるやかな減り方になっています。

必要以上に明るくなる場合があるので明るさは自分で設定しましょう。

画面の点灯時間を調節してみよう

短めの時間に設定しておけば、スマホを放置したあとすぐに画面が消えて、無駄な電力を使わなくてすみますね。

消灯するまでの時間をなるべく短くすると電池消費を抑えられます

自動ロックまでの時間を設定します。ロックまでの時間を1分に設定すればよりバッテリー消費抑制できます。

GPS(位置情報サービス)は必要以外OFFにしよう

地図アプリでよく使う「位置情報サービス」や「GPS機能」などは、オンにしておくと頻繁にアクセスを行います。

地図アプリなどGPS機能を利用する時以外はOFFにして問題ないです

この位置情報は電池をバカ食いすることがある悪い経歴の持ち主です。位置情報をOFFにするか、ONにしてもバッテリー節約モードで使うことをおすすめします。

位置情報サービスをオフする(「設定」>「一般」>「位置情報サービス」)

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう