1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ついに洋服まで…中国製にひそむ健康リスク

(((((((( ;゚Д゚)))))))

更新日: 2015年09月07日

zawawa23さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
437 お気に入り 359128 view
お気に入り追加

中国製の「服」がキケンらしい

中国で食の問題と同じぐらい、国民の関心を買っているのが「洋服の問題」

中国・浙江省の工商局がサンプリング調査を行った結果、実に50%の洋服が中国の安全基準を満たしていなかった。

えっ、、、

着るだけで湿疹やかぶれの症状が

さすが中国製の服!セメント臭い!痒い!!かぶれた!!

前にジャーナルスタンダードでそこそこの値段の中国製の服を買って着たら、腕がかぶれて暫らく跡が残ったから、買うのに慎重になってるの(>_<)

「中国の友人が街で購入したジーパンをそのまま着たところ、両足が焼け爛れたような湿疹が現れたことが。染料に含まれているホルマリンが、安全基準を超える膨大な量が含まれていたためです」

着続けるとガンのリスクが高まる服も

北京工商局が行った衣類の品質検査の結果、北京で売られていた4製品から発ガン性のある芳香アミンが含まれるアゾ染料が検出。

芳香アミンが含まれるアゾ染料が使われた衣類を着用した場合、アゾ染料は皮膚との接触によって体内に吸収され、体内で発がん性のある芳香アミンが分解される。

皮膚ガンの進行度。おそろしい…

ペンキみたいな刺激臭を放つ服まで。。。

ドレス届いたー!!中国製の服ってどうしてこんなに臭いんだろう。ファブリーズぶっかけといた。 pic.twitter.com/aLvoZILPyW

服買うときいつも思うけど中国製のやつはヘンに臭い…なんのにおいなんだろう石油?空気が汚いから?即効洗った。

ある中国の学生は「新しく買った制服は、塗り立てのペンキみたいな、すごくイヤなにおいがしていた。値段が安すぎると思ったけど、道理で質が悪いわけだ」と、話す。

これは地味にキツイ。

基準超えの化学染料が次々検出されている

広東省製造の子供服は中国の子供服総生産量の3割強を占めているが、最近5年間の調査によると、販売される子供服の合格率は60%余りしかなく、アゾ染料などの発がん性物質が頻繁に検出されている。

2013年には、上海の小中学校の制服から発がん性物質が検出され、生徒26,400人が「制服を着ないように」と指導された。

ニュージーランドでは、中国製子供服から発がん性が確認されているホルムアルデヒドが検出された。

特に子供服から多く検出されている模様。

どうやって気をつけたらいいのか

万一不安を感じた場合は、水洗い不可の製品を除き、一度水に通せば化学物質は溶け出して流れてしまい、ほぼ問題なく着用できる。

自分や家族の健康は自らで守る以外にない。洋服を購入する際には、生産国や素材の表示などにも注意をはらうことが大切だ。

【要注意!】中国が「中国製」では売れないので「MADE IN PRC」に変えました、既に身の回りには「MADE IN PRC」が溢れています。PRCとは「People's Republic of China 中華人民共和国の略」【再】 pic.twitter.com/iInGdFajMl

1





zawawa23さん

気になったことをまとめて行きます。どうぞよろしくお願いします♪



  • 話題の動画をまとめよう