1. まとめトップ
  2. 雑学

無意識の力を活用すると、自分に「自信」をつけることができるみたい!

皆さんは普段どれだけ「意識して行動」をしているでしょうか?実は意識している行動は多くなく、ほとんどは無意識に行動していると言われています。その無意識に目を向けると、自分に自信を持つことができたり、より良い人生を送れるなど良い効果が現れる様です。どの様に活用していくのかまとめました。

更新日: 2015年09月15日

cobalt0822さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
375 お気に入り 35421 view
お気に入り追加

「自分に自信がない…」 そう思っていませんか??

何か望みを叶えようとしたり、不安や悩みを解消したいと思ったりするときに、最初にぶつかる壁が「自信がない」だ。

日本には「謙虚」という素晴らしい所作がありますが、行き過ぎると、自分をダメにしてしまいます!

世の中には、自信は目に見えないんだから「自信がない自分でもいいや」と自信を軽視して考えている人もいます。

「自信がある」って誰が決めているの??

決して、他人からの評価ではありませんし、他人からの評価を自分がどう感じているかでもありません。

自信は目に見えない心の状態なのに、他人が相手の自信についての印象を持ち、「自信がある人」「自信がない人」という評価を下すのって不思議ではありませんか?

自信は自分で決める事なのです!

評価されるという事は、それだけ行動に表れているからである!

自信がないという心の状態は心の中だけの問題でなく私達の言動にも影響を与えています。

自分でも気づかないうちに自信がない自分という状態を日々の自分の言動として表現してしまう

問題を起こす人たちは、自分のことや、自分がしていることが分かっていない・・・自分の立場や、するべき仕事が分かっていない・・・、そうした自覚が欠けているから、そういうことも当たり前のようにできてしまうわけです。

だから、他人にはあなたの自信を見る事が出来、「自信がある人」「自信がない人」という評価を下すことも出来る

そんな自分を抜け出すために必要な事は??

「自信」のある・なしは自分自身で決めること。そして、自分がしてしまったミスと必要以上に関係付ける必要はありません。

「もしかしたら失敗するかもしれない」といった「かもしれない」の積み重ねによって、ポジティブなことであれ、ネガティブなことであれ、自信というものは形成されている。

まずは「自分にとって都合の良い可能性が、あるかもしれない」と思うだけでいい。

しかし、「自信はすぐに変えられる」ということを意識して生活しても、意識し続けることは難しく、数日経つと忘れてしまうかもしれません。

意識し続けるのは難しい…そんな時は?

無意識の影響力はとても絶大なので、ちょっと気を許すと、どんどん流され自分を見失ってしまい、ときには、心を病むことになってしまうわけです。

人間の脳の構造上いくら意識しても、無意識には勝てないです。

人の思考は1日に6万回と言われており、そのうち、無意識のものは、意識しているものの143倍とも言われています。

「無意識」こそが自分の意識という舞台にともに立ち上がり、自分の人生をよりよいものへと導くための一つの大切な要素

1 2





日常の疑問や雑学からニュース系などを中心にまとめています!世の中のタメになるまとめづくりを目指します!



  • 話題の動画をまとめよう