1. まとめトップ

パサパサヘアを卒業!ヘアケアをして、ツヤ髪女子になろう!

パサつく髪はモテない!?ヘアケアをしてツヤ髪女子を目指そう!!正しいシャンプーの方法、注目のヘアケアアイテム(オイルトリートメント・ヘアブラシ)を紹介します。

更新日: 2016年08月29日

かつお丸さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
76 お気に入り 53936 view
お気に入り追加

■正しく髪をケアしよう

キューティクルが傷むと、手触りやツヤが低下し、傷みが進行しやすくなる。

キューティクルの表面が滑らかでなくなると、ますます傷みやすくなり、ツヤも低下していきます。
キューティクルが損なわれると毛髪内部を守る機能が低下してしまうので、同じお手入れを続けていても、髪の内部のダメージが進行しやすくなります。

■髪のエイジング

傷みやすくなり、手触り・ツヤが低下

髪が細くなり内在脂質も減少して、髪が傷みやすくなるうえに、ヘアカラーの頻度も増し、ダメージを受ける機会が増加します。さらにうねった毛の割合が増え、手触り感や、ツヤ感の低下が徐々に実感されるようになってきます。

うねり毛

うねり毛の増加により、髪の流れがそろいにくくなり、「うねるくせ」「ツヤがない」という悩みにつながっています。

毛髪の本数

抜け毛の悩みは年齢とともに上位に上がっていく傾向です。50代になると、「白髪」に次いで「抜け毛」が上位になり、「量が少ない」などボリュームが出ない悩みが上位に集中します。

髪の太さ

髪が細くなってハリ・コシが低下することにより、根元が立ち上がりにくく、「髪がぺちゃんとなる」「分け目が目立つ」といった悩みにつながります。

■髪のエイジングチェック

以下の項目に1つでもあてはまれば、髪のお手入れの見直し時です。

お風呂の排水口にたまる髪の毛の量が増えた

きちんと掃除をしているのに、髪が床に落ちているのが目につく

分け目が以前より目立つ気がする

以前は髪を乾かすのにひと苦労だったが、最近はそうでもない

以前から同じワット数のドライヤーを使用しているが、熱く感じるようになった

以前より雨の日の髪のうねりやクセが強くなり、まとまりにくくなった

■シャンプー前のオイルマッサージ

オイルマッサージは、皮脂が気になる生え際・頭頂部・後頭部を中心に行います。事前にブラッシングして、髪のもつれやほこりなどをとっておきましょう。

生え際はくるくると頭皮を動かすように、左右にマッサージします。指1本分ずつずらしながら、前(額)から後ろ(頭頂部)へ向かって、移動していきます。

出典ameblo.jp

こめかみから頭頂部へ向かってマッサージします。(1)と同じように、指1本分ずつずらしながら、こめかみ~頭頂部へ移動していきます。

出典ameblo.jp

首すじから後頭部を通り、頭頂部へ向かってマッサージします。1. 2. と同じように、首~後頭部~頭頂部へ移動していきます。

週に1回程度、1回につき5分を目安に、頭皮がやわらかく、気持ち良いと感じるくらいまで行ってください。

マッサージが終了したら、お湯で流してから、シャンプーします。いつもより時間をかけて、泡で頭皮を洗うようにやさしくシャンプーしてください。

■髪にやさしいシャンプー方法

髪は濡れると絡みやすくなるので、あらかじめ、目の粗いブラシやくし、あるいは手ぐしでもつれをといておきます。髪がもつれたままシャンプーすると、洗うとき無理な力がかかり、ダメージの原因になります。

シャンプーの泡立ちをよくするために、髪と地肌を十分に濡らし、予洗いします。これは髪を傷めず、地肌をまんべんなく洗うために、重要なポイント。シャンプーの泡は、汚れを落とすだけでなく、髪同士の摩擦を防ぐ役目も果たします。

シャンプーを手のひらに取って、軽く泡立て、地肌の何箇所かに分けて塗布し、地肌を指の腹でマッサージするように洗いましょう。マッサージは地肌全体に行き渡るように、特に耳の後ろ~襟足、耳の上辺りの頭回りの地肌は、洗いにくく、洗い残しやすい部分なのでていねいに。髪はシャンプーの泡が行き渡れば、十分汚れが落ちます。
*地肌の汚れやベタつきが気になったり、爪を長く伸ばしていて地肌が十分に洗えなかったりするときは、地肌用洗浄ブラシを使いましょう。毛穴周辺の皮脂もすっきり落とすことができ、便利です。

シャンプーが残らないように、髪に残った泡を軽く手で落としてからすすぎます。やはり、耳の後ろ~襟足、耳の上辺りの頭回り、生え際が残りやすいので、念入りに。

適量を手に取り、毛先から髪全体になじませ、その後、十分にすすぎます。トリートメントは、髪になじませた後、しばらくおくと、さらに効果的。

出典locari.jp

髪をポンポンと軽くたたくような感じで、水気をふきとり、地肌を中心にタオルドライすると効率的です。髪同士をこすりあわせると、キューティクル同士がこすれ合って傷みやすいので、なるべく避けましょう。

■シャンプーを選ぶならアミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーとは界面活性剤と呼ばれる洗浄成分にアミノ酸系の成分を使用している商品のことを言います。

1 2 3 4 5





かつお丸さん



  • 話題の動画をまとめよう