1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

精巧すぎる!ミニチュアアートの世界が細かすぎて広いw

日本にも世界にもすごい作品はたくさん!

更新日: 2015年10月10日

hiepitaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1351 お気に入り 211009 view
お気に入り追加

リアルすぎる豚汁(田中智さんの作品)

この食欲をそそられる豚汁。ほとんど本物と見分けがつきません!

こちらはアーティストの田中智さんが制作した精巧すぎるミニチュア作品。

他にもガジェット系や衣服類などもあるようです。

「毎日ジオラマアート!」(田中達也さんの作品)

作品一つ一つの発想力!

「もし私が小人だったら…」って想像したことがあるなら、きっとこんな世界を自分でも作って写真を撮ってみたくなるはず!

本業は家電メーカーのデザイナー(情景師アラーキーさんの作品)

この錆びた感じがすごい

このジオラマの作者「情景師アラーキー」こと荒木智さんは、大手企業の社員。忙しい本業の傍ら、こんな情景を次々と作り続けてきました。

ガラスの割れ方とか銃痕とかどうしてるのか気になるw

ペン先アート(トム・ライナルさんの作品)

作者は、イギリス・バーミンガムで11年間宝石商を生業としているトム・ライナルさん。

「芸術は好きだし何か作ってみたいけど、絵が描けない・・・」というトムさん。
そこで閃いたのが鉛筆をアートにすること。
そしてここまでの作品にしてしまうのだからすごいなぁ。

かわいい(笑)
※クリックすると画像が大きくなります。

まさにミニチュア版ハウルの城!(相羽高徳さんの作品)

もはや盆栽の域を超えたアート作品。

こちらの作品を手がけた相羽高徳さんは、日本のアートディレクター、空間プロデューサーと多彩な肩書きを持つ方です。

雑誌『ポパイ』の連載を皮切りにフリーのイラストレーター、MAZE作家としての彼を知る方も多いかもしれません。

こちらはワイヤー彫刻のミニチュア盆栽(Ken Toさんの作品)

銅線を編みこむようにして作られた、手と比較すると大きさは10cmにも満たない盆栽アート。Ken Toさんによる作品で、2013年頃にはWebショップでも売られていた

トイレットペーパーの芯が芸術に(アナスターシャ・エリアスさん)

1 2





まとめについて勉強中です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう