1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

「匿名でいじめを通報」できるアプリがネットいじめ防止に効果的!

ネットいじめを匿名で通報できるアプリでネットいじめが減りました。

更新日: 2015年10月08日

133 お気に入り 50624 view
お気に入り追加

その名も「STOP !T」

匿名で通報できることにより、通報者のプライバシーは守られ、言い出しにくい「いじめ」を他人に伝えて助けを求めることができます。

学校で一括でサービスを導入して、ネットいじめの発見者は、専用のアプリを通じて匿名で報告できる

いじめ目撃者や被害者がそのやりとりのスクリーンショットを取得し、それを匿名で管理チームに送付

いじめの被害者とそれを目撃している人たちの両方に、いじめがどこで行われていようと、いじめを追跡できる手段をもたらしたい

いじめ防止に効果的

いつでもどこでも通報できる(通報される)という認識が抑止力に繋がっているみたいです。

昨年にこのアプリを導入してから、同校ではいじめの通報が75%減少したという

生徒全員が、いじめを通報できるツールをポケットに持っている」という認識そのものが、いじめの抑止につながっている

きっかけは一人の少女の自殺

YouTubeに自分が学校の同級生や、オンライン上の見知らぬ人からいじめを受けていることをカードを使って訴える動画を投稿後、自殺してしまいました。

こちらはアマンダさんが投稿した動画に日本語字幕を付けた動画です。

数年にわたって、クラスメートや匿名の見知らぬ人からオフラインおよびオンラインで受けてきたいじめを説明

アマンダは、胸が締め付けられるような動画をYouTubeに投稿し、そのおよそ1カ月後の2012年10月10日に自殺

Stop!t社のトッド・ショベルは、ラジオでこのニュースを聞き、いじめを匿名で通報できるアプリのアイデアを思い付いた

広がりを見せる「ネットいじめ」

ネットいじめは発見しづらく、また法律で罰せられる危険性も低いためエスカレートしやすい傾向にあります。

女子中高生の約9割が、今後LINEやTwitterなどのSNSやネットをきっかけにいじめが増えると考えている

日本にもあるネットいじめ防止アプリ「Filii」

いじめや犯罪に関するキーワードがあれば親に通知します。あくまでキーワードを解析するためのもので原文を見ることはできません。

SNSを中心としたネット上の犯罪やいじめ、出会い系、炎上などの脅威から子供を守るウェブサービス

子どもの端末にインストールし、本人の承諾を得た上で使ってもらう

「ネットいじめ」の標的にされた場合

「ネットいじめ」は必ず証拠が残ります。いじめの証拠を削除したりせずに保存しておくといじめの立証がしやすくなります。また、なりすまし等の被害が横行しているため、専門的なIT知識を持った人に相談することも必要になります。

ネットに誹謗(ひぼう)中傷を書かれたり、嫌がらせのメールが届いたりしたら、すぐにその画面を保存しておく

「ネットいじめ」を確認したら、被害が広がらないように、迅速に書き込みの削除を行いましょう

1 2





sokohakatonakuさん

いっちょやりますよ



  • 話題の動画をまとめよう