1. まとめトップ
  2. カラダ

あなたは大丈夫?メンタルにも影響する「累積疲労」の恐怖

睡眠時間が減少傾向にある現代において、日々の疲労が蓄積して身体に影響を及ぼす「累積疲労」に悩む人が増えています。「連日の激務で仕事が忙しく、睡眠時間もなかなか確保できない…」という方は、一度、ご自身の疲労と向き合ってみませんか?

更新日: 2015年09月20日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
449 お気に入り 185434 view
お気に入り追加

■朝、起きても疲れがとれない

何だろうな・・・・この頃寝ても疲れがとれないな・・・・・

なんか寝ても寝ても眠いんだけどなんなんだろう…だるいし…

■その症状、もしかしたら「累積疲労」かも

寝ても眠い、どれだけ睡眠をとっても疲れがとれない。そんな慢性的なつらい疲労に悩まされていませんか?

■累積疲労とは

仕事や日常生活の中での「体の疲労」が徐々に蓄積されて、症状となって現れたものが累積疲労

疲れをそのままにしておいた結果、肩こりや頭痛などの症状が現れる一種の病気

■その名の通り、疲れは蓄積します

ただの疲れだと思って放置してしまうと、悪化していってしまう可能性がある

累積疲労の状態になると、ただ単に「疲れた」という症状ではなく、深刻な症状が現れることもあります

■症状

累積された疲労によって、症状は徐々に悪化していきます。

症状としては、初期のうちは「怒りっぽくなる」「単純ミスが多くなる」といった程度

中期の症状は、たくさん寝ても眠い。寝たのに疲れがとれない

進行していくと、頭痛や、耳鳴り、どうき、めまいなど

末期の症状になると、精神面にも多大な影響を及ぼします。

累積された疲労が一定のレベルを越えてしまうと、パニック障害や不眠症、あるいは、自律神経失調症、うつ病などを患う可能性が高くなってしまいます

■疲労の累積が体の不調に繋がるワケ

疲労が蓄積すると、たんぱく質、炭水化物などを分解する酵素の働きが弱まり、脳などの毛細血管がつまる

毛細血管の血流が悪くなるということは、消化器官も弱っていくので栄養源も吸収できずに負のスパイラルに巻き込まれていきます

毛細血管は血管の約9割を占めており、疲れで脳の毛細血管が詰まってくると脳の神経回路も詰まり、それを放置すると「うつ病」や「過労死」につながる

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう