1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

相撲好きな女子におすすめのマンガ4選

女子でも読みやすい相撲マンガあります!

更新日: 2016年06月09日

solmesさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
30 お気に入り 13539 view
お気に入り追加

「江戸力士咄(えどりきしばなし)」にしだかな

江戸のむかし、相撲部屋の若き力士達と部屋に居ついた猫たち…… 彼らの絆はどんなものより固く、土俵で戦う男達の力になっていました。 大江戸の街を舞台に繰り広げられる温かい人情と猫の物語。

帯に、「スージョ(相撲女子)とレキジョ(歴史女子)もハマる♡」
とあるけれど少年誌ライクな王道スポーツ漫画が好きな人も絶対はまります!
ネタバレになるから詳しくは読んでのお楽しみですが、
スポーツ漫画に燃える(萌える)人がおそらく無意識に楽しみにしているような魅力のツボをしっかり押さえていると感じます。

にしだかなさんの漫画好きー。江戸力士咄よかった。

あのね、今日買った江戸力士咄ってお相撲マンガだけど猫漫画だったよ!

江戸時代、女性は千秋楽しか相撲観戦を認められてなかったってにしだかなさんの『江戸力士咄』で読んだ #BSTBS #sumo

お昼ツイートした江戸力士咄よんだー。力士と猫と周囲の町人のお話なんだけど、ちゃんと相撲が話の中心にあって、個人的に好きなバランスのマンガだった(^ω^)ホクホク

「土俵を駈ける」とみすず

青森県、弘前。入学早々、相撲部の設立に奔走する一人の高校生がいた。
少年の名は、三上直登。
幼き頃に、元幕内力士である父を失っている彼は、父への思い、強さへの思いを携)え土俵を目指す。
彼の信念に動かされ、集まる仲間たち。彼らと共に、三上は一度しかない“今”を駈けてゆく―――。
青春ぶちかまし相撲譚、ここに開幕 !!

1〜2巻(以後続刊)
出版社: 講談社 ヤンマガKCスペシャル

この漫画の特徴は相撲という血と汗と肉がテーマとしては珍しいその「絵柄」だと思います。あと現実に多い、いわゆるあんこ型のキャラがいないのが他と違うところ。
相撲の漫画って、昔は「ああ播磨灘」や「うっちゃれ五所瓦」など破天荒な絵柄のものが多かったのですが、
こちらはとてもスッキリというか、他の方もおっしゃっているようにさながらBL漫画のよう。

絵がさっぱりしてて、読みやすい。
他の相撲漫画では白目を剥いたり、痛そうにしていたりするんですが、これは特にそんなこともなく、必死にやってる感じは伝わって来るんですが、熱いけど熱苦しくはない。そんな感じです。
とても読みやすく、キャラ達もかわいいので、オススメです!

「土俵を駈ける」読んでます こういうスポーツ漫画読むの初めてかもしれん・・・・涼やかで爽やかで、でも一本芯が通ってる雰囲気

ヤンマガサードでね、『土俵を駈ける』っていう漫画があるんだけどね、絵柄が凄い女性向けなのに「土俵」ってステキ!

土俵を駈けるの乳首の主張が強すぎて、すげぇ真剣なやり取りしてるのに乳首にしか目がいかない呪いほんと勘弁してください。金田淳子先生が黙ってないレベル。

「りきじょ」歌麿

弓道推薦で入った高校で弓道に挫折した明石丸美。退学を迫られた彼女が、藁にもすがる思いで辿り着いたのは相撲の道だった。
少数ながらも真剣に取り組む女子相撲部【りきじょ部】の面々。
その姿に身も心も打たれた丸美は入部を決意。
個性的な先輩達に囲まれて丸美は今日も「はっきよい! 」 女子高生が本気でお相撲

入部から新人戦、ライバルの出現…と、
オーソドックスながらもスポーツものの要を突いており安定感があります。
もともとの肉感的な画風も”女子相撲”というテーマに違和感なく華を与えており意外と相性は悪くありません。

主人公の相撲は当たりの強さと耐久力が持ち味なので爽快感があります。
太ましい女子で釣ったように見せかけて10代の部活動にかけるストレートな情熱に熱いものを感じました。

ぽちゃ娘目的で買った「りきじょ」が意外と真面目に相撲を描いていて結構面白い

りきじょは全三巻で集めやすいしでっぷりとした女の子が多いし褐色筋肉もいるしいい漫画だよ pic.twitter.com/m64WUIXbMq

女子高生相撲まんがというニッチなとこで相撲解説がしっかりしてた「りきじょ」3巻であっさり終わってしまったのは惜しい。ガチバトルで面白かったのになあ

りきじょ3巻を購入。女子相撲という珍しい題材だが、相撲の基本や技術的な事をしっかり描き切ってる良作。 歌麿先生は相撲、格闘技が相当好きなんじゃないでしょうか?最終巻なのが惜しまれる。続編を期待します。ぽっちゃりは国技! pic.twitter.com/97AIG2paYU

「両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)」岡野玲子

橋谷淳子はワールドベースボール社の編集部新入社員。言わずと知れた野球ファン。ところが配属された先は、ズンズンお相撲さん編集部…。夢敗れた淳子だが次第に…? とびきりおしゃれな相撲コメディ。

全4巻
出版社:平凡社

小学館ビッグコミックスピリッツで連載していたものの再刊。

「陰陽師」の岡野玲子の、過去の迷作(?)。
1989年の作品、その時代の雰囲気を映し出しているような、不思議なお相撲マンガでした。

1 2





興味のおもむくまま、楽しいまとめを作っていきたいと思います^^



  • 話題の動画をまとめよう