1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

ゆる~い金魚とネコたち。

鳥獣戯画展のグッズ、早く発表されないかなー。歌川国芳の戯画もよい。猫も可愛いけど、金魚のもたまらなく可愛い(・Θ・。)э pic.twitter.com/xvIgdb9aQK

なにこの金魚ちゃん(*'ω'*)

歌川国芳「金魚づくし」/東博 可愛い〜(≧∇≦)3/15迄 #Bura_Bi_Now pic.twitter.com/A69HKB37we

シャボン玉みたいのやってるー。

歌川国芳の猫や金魚の擬人化…かわいいよね… pic.twitter.com/njCvAtX7Jj

怖いぬこ登場(ΦωΦ)

【いつだって猫展】化け猫の浮世絵に登場する手拭いを被って楽しそうに踊る2匹の猫。表情がとっても可愛らしいにゃ~。歌川国芳「五拾三次之内 岡崎の場」部分 個人蔵 pic.twitter.com/PsOZCyxl4C

と思ったら、ゆるゆるな猫もいて。

ポストカードブックの絵どれもかわいかったけど歌川国芳のこれが一番ぬこ大好きなんだな~って感じる pic.twitter.com/rK4JrIVxna

(うたがわ・くによし)
江戸時代末期の浮世絵師。

画像は「東都三ツ股の図」という作品。

国芳は無類の猫好きで、常に数匹、時に十数匹の猫を飼い、家には猫の仏壇があり、猫の位牌や過去帳まであったそう

東博「博物館で初もうで」展、歌川国芳「よきことを菊の十二支」。菊人形のどうぶつ図。ねずみ可愛い。全図はコチラ→ryuss2.pvsa.mmrs.jp/ryu-iware/toha… pic.twitter.com/abtcieqFKd

ねずみも描いてます。ニヤリ。

コロコロしたワンコ絵

ハルカスに来てる円山応挙の虎見たい♡なんか可愛い!虎ってこんな丸かったっけなあ。 pic.twitter.com/b1B4Tccaud

ちなみに、虎も可愛いと評判。

(まるやま・おうきょ)
江戸時代中期に活躍した画家。

画像のような幽霊画も有名。

日本画の世界に画題として子犬を選んだのは応挙が最初ではないか?と言われているらしい

府中市美術館の動物絵画の250年行ってきた。円山応挙や伊藤若冲の絵も多くあり、中でもこのわんこの絵が一番可愛らしかった。 行った日が平日だったせいか、あまり人がいなくて思う存分絵を堪能できた(≧∇≦) pic.twitter.com/8ugrcfurUf

(U^ω^)わんわんお!

応挙の弟子が描くと、こうなる。

長沢芦雪の、ゆるすぎる犬 全体像を見ると、何故ここに描いたという違和感が可笑しい。 pic.twitter.com/Mh5FQw7nDj

なぜそこにいる。

竹と犬を描いた絵を「一笑図」っていいますけど(笑という字が、竹冠と犬に分けられるから)、この長沢芦雪の「一笑図」アレンジがかわいい。竹と犬には違いないけど、犬が子どもに持たれている。同志社大学文化情報学部所蔵。 pic.twitter.com/hzw5OjhoFb

ちょっと連れて帰りますね。

(ながさわ・ろせつ)
江戸時代の絵師で、円山応挙のお弟子さん。

画像のような障壁画(襖に描かれた絵)が有名。

なめきった顔をした長沢芦雪の猿。吹き出しをつけるなら「ばーか」 pic.twitter.com/85X6vh5yi7

腹立つw

動物というか、もうゆるキャラ。

伊藤若冲のサル、可愛過ぎる!(ノД`*) これ1770年に描いてるとかwww 萌える♡wwwwwwwww pic.twitter.com/TZcnDpxMxv

( ・ω・ )←こんな顔になってる。

伊藤若冲の描いた犬、可愛い。 鶏は細かい部分まで観察して描いているけれど、虎や犬はそうもいかなかったのだろうか、ユニーク。 pic.twitter.com/qRQZX0SNqH

カエルと相撲をとる相手がなぜフグなのか小一時間問い詰めたい 伊藤若冲に あと動物の略式画は略し方のセンスがすごくて何かのマークにしか見えない pic.twitter.com/uZXxVtaNyG

センスがすごい。

1 2





robertoRoccさん



  • 話題の動画をまとめよう