1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

直感的にひらめいたけれど…○○のない人の「直感」は間違いです

直感でひらめいた!その直感を裏付けるようなこともある…その直感が当たるとは限りません。直感を裏付けるようなことがあるといっても、ただ都合の良い情報を集めているだけかもしれません。当たる直感の裏には、かならず知識と経験があります。逆に言えば、これらを伴わない直感はハズレの可能性大です。

更新日: 2015年10月07日

junior_さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
223 お気に入り 94348 view
お気に入り追加

▼ 「直感」が当たるとは限らない…

直感を信じて失敗した、という人も数多く存在すると思います

・直感を信じると、痛い目にあうことも…

直感は正しい!と妄信することは、おそらく何の役にも立たない

こういう気配は感じてたんです。でも、勘(かん)を根拠に突っ走ってしまったんです。結果、痛い目にあいましたよ。それはそれは~

▼ 直感とは、合理的な裏付けがないもの…

勘(で答える)のような日常会話での用語を指す

整理整頓などでも洞察力や判断力よりも直観を必要とされることが

脳内にある価値判断の尺度の部分と大量に蓄積された知識・経験の記憶とが、一種の短絡を起こした結果であるとする説明もあります

▼ 直感が当たる前提として、「知識」が必要

ぼくは、知識を収集することの大切さを身を以て感じています

・知識があること、が必要条件になる

直観とは、知識の持ち主が熟知している知の領域で持つ、推論など論理操作を差し挾まない、直接的かつ即時的な「認識の形式」である

言うなれば、「知識」は「直感」を支える屋台骨のような存在。直感を補完するのが知識であり、双方が合わさって「知恵」が生まれる

▼ 直感が当たる前提として、「経験の積み重ね」が必要

1 2





junior_さん

「読んでよかった!」と思ってもらえるようなまとめを作成したいと思います。

Twitter⇒http://ow.ly/QjbNY



  • 話題の動画をまとめよう